「そもそも」を知ること  夢を叶える第一ステップ

1月15日 月曜日

小正月

小正月はお正月の満月の日のこと

太陰暦では朔(ついたち)が新月で始まり

15日目が満月になります。

この日は小豆粥を食べて身体をいたわる

習慣がありました。

女正月とも言われて年末年始の女性の働きを

労う日ともされています。

お正月は歳神さまと一緒に過ごす

儀式が多いのに対して

小正月では豊作や、子供や女性の幸せを願う

家庭的な行事が多く存在しています。

グレオレ暦と日本の昔の習慣を

重ねると少しズレがあり

なんとなくしっくりいかないこともありますが

そもそもの意味を知ることは

とても大切なことなので

小正月を感じてみてくださいね。

本質=そもそもが

わからなくなると

その価値がわからなくなり

どうでもよくなってしまい

文化がなくなっていく

それはとても残念なことです。

文化は昔の人が

自然の摂理とともに暮らす中で

より豊かに美しく生きるために

創り出したものです。

「文化」を継承していくことは

自然の摂理を大切にし

生きていく様です。

そして「文化」は「そもそも」を伝えていく

術になります。

「そもそも」はもともとあったこと

ただあり続けている真理だと思っています。

「そもそも」とは自然界が私たちが

生きていく上に必要なものを

用意してくれたもの

「そもそも」とは自然界と私たちが

調和して生きていくために

必要なものなのです。

「そもそも」とはあったもの

その

「そもそも」を私たちは時代に合わせて

進化させてきました。

文化は自然界と私たち人間が

一緒に進化しながら

生きていくことを

文化は自然界と私たち人間が

一緒に楽しみながら

生きていくことを

表現しているものです。

忘れてはいけないことは

私たちは人間だけで生きて

いくことはできないということです。

私たちはとても進化していて

なんでもできる才能を持っているかもしれない

でも

生かされているのです。

自然界と調和を取ることで

私たちは

生かされているのです。

自然界のリズムを理解することは

私たちが自分の

たった一つの花を咲かして生きるために

私たちの「そもそも」を知ることに

つながっていきます。

ひとり、ひとりの尊厳とつながって生きることは

自分という存在を理解すること

そして自然界のリズムを知ることです。

マクロビオティックは

その自然界のリズムで生きることを

誰もが行う「食べる」という

行為で体感し、暮らしの中に

取り入れていく

とても実践的であり活用できる術です。

病気を治すことも

ダイエットに成功することも

なりたい自分になることも

どんな目的も達成できます。

それはマクロビオティックの学びは

自分の人生の責任を取るための

方法を教えてくれる学びになるからです。

マクロビオティックとは

人生をより豊かにするための

暮らし方を伝えています。

「人生は自分で生きる」

これが夢を叶えるための

一番最初のステップになるのです。

徒然なるままに

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝♡一粒万倍

お料理びと  nakamIe

お知らせ♡♡♡

食べたら感動する

 世界一美味しい
玄米ごはんの炊き方講座

1月18日(水)10時から開催します。

 http://onnmusubi.shop/?pid=122220660 

あなたが愛されていると思える
お料理がここにあります。

 nanadecor KITCHEN

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411328/page_201604092142 

2月3日には恵方巻きを販売します。

ご予約・お問い合わせは 03−3408−0962

玄米ご飯を秘伝の合わせ酢で味付けし、

人参、青菜、椎茸、高野豆腐、くるみ、

あらめ、紅生姜の

7種類の具を巻き込みます。

竹の皮に包んだ恵方巻き

1本 1080円

 フードレメディーベーシック講座

1月の講座の日程が決まりました。

1月24日(水)25日(木)

豊かにくらすために知っておいたら絶対にお得な

基本とそもそもが学べます。

 詳細はこちら

https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/1055664/page_201706100816

宇宙一美味しい。 言葉が勇気を運ぶ

2018年1月13日

寒い日が続きます。

11月22日にオープンさせた

nanadecor KITCHEN

少しづつ賑わってきています。

nanadecor KITCHENは

家庭の台所のイメージです。

お母さんが、みんなのことを思って

お料理を作っている。

みんなの元気や

みんなの幸せ

そんなイメージで

お料理を作っています。

新しいお客様も増えてきて

嬉しい言葉をいただきます。

今日はとっと自慢をさせてください。(笑)

今日、初めてお越しいただいた

男性のお客様が

「玄米が本当に美味しい。

メニューに世界一って書いて

ある意味がわかりました。」

「宇宙一って言ってもいいんじゃないですか?」

とおっしゃってくださいました。

素直に嬉しい言葉です。

「玄米が美味しい」という言葉を聞きたくて

玄米を美味しく炊くことを

追求してきたのですから。

久しぶりにあった恵子先生

今では新潟長岡で暮らしを楽しむ

お料理を広げてご活躍

お忙しい中表参道まできてくださいました。

「先生の御弁当おいしかったです。

何故か先生のご飯を食べると

涙腺が緩みます。色々反省しなきゃって

思えるんです。」

そんな言葉を送ってくださいました。

食べた人が本当の自分に出会って

欲しい。そう思ってお料理を

作ってきたのですもの。

いつも人の体のメンテナンスに

力を注いでいるヒデトレ君

「先生のご飯食べると、身体が

スーッとするんです。

だから無性に食べたくなるんですよね〜」

って

カラダのスペシャリストに

言われると

素直に嬉しいですよね。

食べていただくことで

彼のお仕事のお手伝いができて

たくさんの人が元気になって

いただけたら、

素敵な循環です。

渋谷の観光大使のあっ君

渋谷の街をもっと魅力的に

しようと頑張っている

パーティーロッカー

世の中を良くするために

何かをしたいと

志高い青年です。

毎日コンビニの

ご飯ばかりだったけど

私との出会いで

自分で玄米ご飯を

炊いてくれるように

なりました。

自分で作ったご飯の
写真まで送ってくれる。
嬉しいんです。
玄米ご飯を炊いてくれる事が。

「やっぱり食べた後は気持ちが

いいんですよね〜。」

そう言って、いつもお友達と一緒に

ご飯を食べにいてくれます。

たくさんの人に

食べていただきたいから

たくさんの人に
作って欲しいと思うから
だって
お料理は自分を作る
基本のきだから。
食べることは
人生を創るから。
だから
お料理を作るし
お料理教室をします。
お料理があったら

言葉はいらないって

そんなことを思ったりしています。

食べたら元気になるお料理

食べたら気が付けるお料理

食べたら自分に戻れるお料理

言葉を使わなくても

感じてもらえるお料理

そのお料理は

そう思わないと作れない

そのお料理は

気持ちがないと

人に届かないから

気持ちがなく

天地をつなげなかったら

人の心は動かない

自然の摂理を理解し

天地をつなぐ

術を身につける

そのことをずっと追求してきた

だから・・・

嬉しいのです。

「あなたが愛されていると思えるお料理が

ここにはあります。」

このメッセージを感じて

もらえる

そんなお料理を作りたいと

今日も思います。

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝♡一粒万倍

お料理びと

nakamIe

お知らせ♡♡♡

食べたら感動する

 世界一美味しい
玄米ごはんの炊き方講座

1月18日(水)10時から開催します。

 http://onnmusubi.shop/?pid=122220660 

あなたが愛されていると思える
お料理がここにあります。

 nanadecor KITCHEN

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411328/page_201604092142 

2月3日には恵方巻きを販売します。

ご予約・お問い合わせは 03−3408−0962

玄米ご飯を秘伝の合わせ酢で味付けし、

人参、青菜、椎茸、高野豆腐、くるみ、

あらめ、紅生姜の7種類の具を巻き込みます。

竹の皮に包んだ恵方巻き 1本 1080円

 フードレメディーベーシック講座

1月の講座の日程が決まりました。

1月24日(水)25日(木)

豊かにくらすために知っておいたら絶対にお得な

基本とそもそもが学べます。

詳細はこちら

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/1055664/page_201706100816

祈ることと食べること  七種粥を食べる意味

1月6日

明日の七草粥のお米を洗い終わって

ホッと一息の時間です。

今年最初のブログですね。

みなさまはいいお正月をお過ごしでしたか?

今年は2日に蟹座の満月を迎えたからか

家族と一緒にお正月を過ごされた方が

多かったみたいですね。

スペースを空けてゆっくりと過ごす

というのが今年のお正月にはピッタリだった

ように感じます。

私もゆったりと

本当にゆっくりと過ごしたお正月でした。

毎年恒例なのが年末のおせち料理作り。

歳神様を迎える準備です。

たくさんの生徒さんと一緒にお節料理を

作る時間は親戚中が集まって

お料理を作っている時間のようです。

一人だと大変なことも

みんなで作るととっても楽しい時間になります。

出来上がったお節料理を並べて見ると

「感動〜」

涙が溢れてくる瞬間です。

1年間の感謝と来年への祈りを

形にするって本当に素敵なことだなと

そう思います。

年が明けたら神様と家族と

一緒にお節料理を食べて

今年1年の夢を語ったり

昨年の近況報告をしたり

そんな時間がお正月の過ごし方のように

思います。

お正月は一年で一番

縁起を担ぐ時でもあり

それは、今年1年を無事に暮らしたいという

想いの表れだったんだと思うのです。

今はお金があると幸せで

欲しいものが手に入ることが

幸せと感じてしまうような

そんな環境がありますが

本当は無事に過ごせるということが

一番難しく、ありがたいことで

自然界と共に暮らしていた頃には

祈りと想いが一つになっていたように

思います。

さてさて

明日は人日で七草粥をいただくのが

習慣として残っています。

そもそもこの七草は

七種と書いて七つの穀物をお粥にして炊いて

食べたのが始まりです。

7種の穀物(米,アワ,ヒエ,キビ,アズキ,ゴマ,子(みの))で作った粥を供御とする風習

がありました。

その習慣と野草が初春の若返りの植物と扱い

若菜をつみそれらを羹(あつもの)にして食べたりしたものが

重なって春の七草のお粥になりました。

無病息災を祈る食べ物として昔の人は

七種粥を食べてきました。

子供の頃はお正月にご馳走を食べすぎたから

胃腸を休めるためと思っていました。(笑)

確かに無病息災の祈りのための

お粥なので胃腸のためというのは

間違ってはいないのですが・・・・。

食べることと

祈ることは

いつも重なっていて

食べることは

大地とつながることで

自然界の恵みを

食べていると

人は優しくなり

自分以外の人のことや

地球のことを

自然と思いやれる

生かされていることの意味や

生きていることの意味が

自然と湧き上がってくるかのように

理解できるようになっている

それが当たり前で

それが自然な流れだから

お金を生み出すことだけのために

ものを考えるのこともなく

誰もが幸せになる

巡りをイメージして

ものを選択するようになってくる

自分が豊かにそして

自分の想いを実現することが

たくさんの人の幸せに

つながっていると

確信できるようになってくる

そんな当たり前の巡りを

2018年はもっと、もっと

たくさんの人と一緒に体感したいと

そう想う。

だから伝えたい。

日本人が大切にしてきた

食べ物に対する想いを

形は変わってもいい

でも、昔の人はなぜそれを大切にしてきたのかを

知るチャンスがあってもいいよね。

だから・・・

明日はご縁のある方の無常息災を祈るために

nanadecor KITCHENでは

小豆いりの七草粥を炊いて

みなさまをお待ちしています。

明治神宮にお参りがてら

表参道まで来ませんか?

祈ることと食べることは

人生を豊かにする

とっても素敵な術なのです。

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

感謝♡一粒万倍

お料理びと nakamIe

お知らせ♡♡♡

 世界一美味しい
玄米ごはんの炊き方講座

1月18日(水)10時から開催します。

 http://onnmusubi.shop/?pid=122220660 

あなたが愛されていると思える
お料理がここにあります。

 nanadecor KITCHEN

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411328/page_201604092142 

 フードレメディーベーシック講座

1月の講座の日程が決まりました。

1月24日(水)25日(木)

豊かにくらすために知っておいたら絶対にお得な 基本とそもそもが学べます。

詳細はこちら

https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/1055664/page_201706100816