祈りは自分を信じるちから

12月22日冬至を迎えました。
一年で一番日照時間が短い日
極まって転じる日
明日から太陽は昇りはじめます。
そして土星が山羊座の部屋に
移る時。ここからやく2年半
山羊座の学びの体験をする
ことが多くなります。
私はルミナさんと一緒に
湯河原で冬至の日の出を
見て、一年間を振り返る
Sora クラブ合宿を納めて
戻ってきました。
湯河原の日の出は
今回で3回目
今年は
旧暦の元旦の日の出
春分の日の出
夏至の日の出(伊勢  二見ヶ浦)
冬至の日の出
の4回を見る機会を作れました。
冬至の今日は
太陽を愛でることは
出来なかったけれども
太陽の輝きをしっかりと
感じる事が出来ました。
それはまるで
たとえ形が見えなかったとしても
その輝きはいつも存在し
その輝きはいつも周りを
照らしている、、
形にとらわれず
真実を見る力と
自分の輝きを信じる力を
養うことの大切さを
教えてくれているかのようでした。
雲がたくさんあっても
太陽の輝きが
空高くまで届き
その輝きで染まった空は
ちょっと見たことのない
ピンク色でした。
目に見えないものを
信じるきもちは
やがて形をつくり
目に見えるものを
創り出す
私達は自分の想いを
祈りにかえて
表現した時
そこには
うちから込み上がる
感謝の気持ちを体験し
その感謝は自分が
多くの愛に包まれていると
感じるココロを育みます。
感謝のきもちは
やがて自分を信じる気持ちに
変化し
その変化は想像を超えた
世界を創り出します。
それが、
土星が山羊座のお部屋に
引っ越しして受け取る
メッセージ。
山羊座は形にすること。
自分だけの世界から
仲間や社会と関わる世界へと
以降する行動を応援します。
具体的な行動が
鍵になります。
この日のタイミングに
あなたが自分の祈りを
天に届けるための
具体的な方法を見つけて
宣言すして、行動に
移すことをおすすめします。
具体的な行動は
出来るだけわかりやすく
毎日重ねてみる事が
おすすめです。
合宿では
毎日、靴を揃える
毎日、ご先祖様にお線香をあげる
毎日、英語で手紙を書く
毎日、掃除をする
などなど
その人の祈りに向かって
具体的な行動を決めて
皆さんでわかちあいました。
祈りを目に見える行動に
変えるのは
自分が一番できそうだけど
やらないことや
自分が一番やろうと思っているけど
やれないことを
行動に移すことが
力を育みます。
具体的な行動を
重ねて育む力は
自分の尊厳と繋がる
というルミナさんの言葉が
この合宿で私が収穫した
一番のこと。
そうゆう意味では
玄米を炊き続けた
20年は私の尊厳につながっていると
そう思います。
ただ炊くのではなく
私はどんな時も玄米を炊く
と決めたことを
重ねたことが尊厳とつながって
いるのです。
人はどうしようもない時
祈ります。
その祈りは自分を変化させる
源の力となり
その力は具体的な
行動とつながった時
自分を信じる力を育てます。
自分を信じる力は
夢を叶える力を育て
その夢が社会をより
豊かに進化させる力となっていく
そんな循環を創り出します。
時代は
自分を生きることが
社会に貢献する循環に
進化しているのです。
冬至からはじまり
山羊座の学びへ
私達のここからは
そんな循環を創り出すのです。
あなたは何を祈り
何を力として育みますか?
そんな事を
今晩、柚子風呂にはいりながら
かんじてみてください。
太陽の輝きを浴び
温泉で身体を浄化した私は
とっても クリアーな感じです。
今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございます。
感謝♡一粒万倍
お料理びと   nakamIe

感謝と祈りを形にするとき

昔の人は12月8日 大雪の頃を迎えると

山だけでなく平野にも雪が積もり始めるので

農作業をお休みとして

お正月の準備を始めました。

「こと納め ことはじめ」

12月はお正月の準備を始める頃です。

お正月は

年神様を家にお迎えして

今年、1年の感謝の気持ちを伝えること

と同時に

来年、1年間が無事に過ごせますようにと

お願いをするそんなお祭りです。

神様に家にきていただくために

大掃除をしたり

神様をお迎えする準備をしました。

今では何でも買って用意をしてしまいますが

昔は、お飾りもお餅も

村の人や地域の人が集まって

自分達で作って用意をしたものです。

お節料理は

神様をお迎えするためのお料理で

その年、自分たちが作ったり

収穫したものの中から

神様に食べてもらいたいものを

お料理した御供えのお料理です。

そのお料理を

神様と一緒に食べるのが

元旦のお食事になるのです。

そのときに使う御箸が

祝い箸と言って

両方が食べれるようになっている

お箸を使います。

丸餅は神様の御霊を表現し

お雑煮でいただくことで

神様が自分達の中に宿ると言った意味を持っています。

鏡餅を床の間に飾るのは

神様の魂を飾って

家を守ってもらうと言った風習です。

お年玉はそもそも

神様の御霊を分ける意味で

丸餅を子供達に配ったのが

始まりと言われています。

お正月とは

そもそもは1年かん無事に過ごせた事を

神様して感謝と祈りを

伝えるそんなお祭りなのです。

豪華なご馳走を食べるのが

おせち料理ではなく

自然の恵みを神様と一緒にいただき

今年も元気に過ごせるようにと

祈るためのお料理なのです。

江戸時代に入ってから

言葉あそびが重なって

縁起をかつぐものもお重箱に

詰めるようになりました。

お重箱が四角いのは

隅々まで幸せが行き渡るように

という意味があり

地方によっては

4段目を空っぽにして

そこに幸せがつまりますように

と祈るそうです。

私はそんな考え方が

大好きです。

お節料理にはいろんな意味が

込められていること

そんな意味が伝えられなくなっていくと

お節料理を作らなくてもよくなるし

女の人が少しでも休めるようにという

意味だけが伝わったら

お節料理は使わなくても

買えばいいことになってしまうのです。

時代に合わせて

形は変化してもいいし

自分達の暮らしの中に

取り入れやすい方法を選択してもらえば

いい事だけど

そもそもの意味は

やっぱり知っておいてほしいと

そう思うのです。

日本人は自然の恵みをとても大切にし

食べるものは

自分達の力となり自分達を

守ってくれるものと受けとめてきました。

力は今で言うところの「エネルギー」

命をいただく事で

私たちは生かされている

と思い

命をいただくことに

感謝して暮らす。

そのことが

きっと人を豊かにするし

未来の地球を

今よりもっと平和に

そして豊かに輝かすと思います。

ご飯を食べる時の

「いただきます」の挨拶も

「ごちそうさま」の挨拶も

命をいただくことを感謝する

表現なのです。

そもそも

食べるということは

生きることや感謝を表すことにつながって

いるのです。

毎日そう思えなかったとしても

節目節目にその事を忘れないように

昔の人はお祭りや儀式として

その意味を繋いできてくれていると

思うのです。

感謝ができる暮らしは

人を豊かに育むと思っています。

日本人が大切にしてきたことの

その意味を

これからも伝えたいなと

思っています。

私たちのお教室では毎年

30日、31日の二日間

今年1年お世話になった食材を使って

お節料理を作ります。

毎年みんなと作るお節料理は

感謝と祈りを形にする時間として

キラキラと輝いています。

そしてそうやって作ったお節料理は

本当に美味しく出来上がるのです。

今年もそうやって

お節料理を作るのが楽しみです。

皆さんも

ぜひ、そんな風に思って

何か一つお料理を作ってみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝♡一粒万倍

お料理びと nkkamIe

お知らせ♡♡♡

 世界一美味しい
玄米ごはんの炊き方講座

12月24日に開催します。

 http://onnmusubi.shop/?pid=122220660

 あなたが愛されていると思える
お料理がここにあります。

nanadecor KITCHEN

https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411328/page_201604092142

フードレメディーベーシック講座

1月の講座の日程が決まりました。

1月24日(水)25日(木)

豊かにくらすために知っておいたら絶対にお得な 基本とそもそもが学べます。

詳細はこちら

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/1055664/page_201706100816

自分を生きる時がきた。

12月18日   射手座の新月
土星がここから山羊座のお部屋に
動くとき。
空を見上げたら
あまりにもきれいな青空で
思わず立ち止まってしまいました。
これだけで
祝福をかんじます。
今日は大きな変化のとき
ここ3年間の学びから
新しい学びへ
大きな変化がやってくる
スタートの時
今日は2年前まで遡って
体験した出来事を書き出すと
いい時です。
見つかるのは
本当にやりたいこと
あなた自身の志
誰と比べることもなく
これが私の道と
思える事がみつかる時
もう、誰に気を使うことなく
あなたが自分を信じること。
それがここから
自分を大切に
自分を愛する
そんな暮らしを体感するコツです。
もう、
いい悪いでもなく
正義でとなく
あなたが自分に嘘をつかず
自分の選択を信じること
ここまでの人生を振り返ったら
必ず答えが書いてあるから
誤魔化さず
じっくりと
自分を振り返って
みようよ。
消してうまくいってないことが
ダメなことではなく
うまくいってないと
みえることでも
あなたが今日まで
続けてきたことには
必ず意味があるから。
ずっと大切にしていることは
何かしら?
たとえば
ちょっと悔しく思う事は
なんだろう。
たとえば、
人と比べてしまうことは
なんだろ。
意外と、いわゆる
ネガティブに感じる出来事に
本当に大切な事が隠れている
かもしれません。
できなかったことが
実はすごい才能が隠されていたり
まだまだやれる事が
あるよ、、
というお知らせだったりします。
私で言えば
2年前にサロンを手放して
いろんな事を体験した
2年だったけど
やっぱり
食べてもらえる場所
学んでもらえる場所
話せる場所を
小さくてもいいから
持ちたいと、、、
何回も作っては
手放しての繰り返しを
してきた私は
ちょっと自信喪失した
2年間だったけど
それでも
やっぱり
食べてもらえる場所
学んでもらえる場所
人が集まって話せる場所が
欲しいとそうおもうから。
そして、
カラダとココロを育む
お料理の作り方と
日本人が大切にしてきた
食べる事と祈る事の意味を
伝えていきたいとおもうから
そして、
その事を伝えることが
私の役割りだと思えるから
命の尊さと
自分を信じる力
自分で生きる力
ひとり、ひとりが
自分の暮らしの中で
育めるように
なって欲しいと思う
土星が山羊座のお部屋に
移ったら
今日まで育んだ
自分の生き方を
形に変えて
社会に誕生させる
そんな学びと体験が
はじまる流れがはじまってくる。
ひとり、ひとりが
自分を生きる事が
世界を
地球を
より愛で包める
そんなエネルギーに
変化させる時
だからこそ
ひとり、ひとりが
自分を愛するために
自然界の摂理と
流れ
そして
自然の恵みと
私達との人生の関係を
学んでおくと
迷う事なく
変化し、
進化する事が出来るのです。
私達は
自然界の一部であり
私達が学ぶのは
この宇宙のリズムと
その変化と進化の方法と方向
食べることは
じつは
そのリズムを
体感する事ができる方法なのです。
そんな食べものを作る
お料理方は
昔のひとの叡智なんだと
思います。
私が学んだ
マクロビオティックは
その叡智とリズムです。
そして、
その叡智は今の時代にあわせて
変化させ、進化させるからこそ
伝統となって
未来へとつながっていくのだと
そう思っています。
新しく変化し
進化するターニングポイント
まさに、今日はそんな一日なのです。
誰かをみるより
自分をみてみませんか?
あなたの身近に
あなたがあなたを知る
ヒントがいっぱい
隠されています。
ちょっと余談ですが、、
今住んでる表参道のマンション
古いけど、、
便利だから気に入っていて
だからこの場所が
もっと素敵にしたいな、、と
考えてました。
玄関のドアの色が
はげてるから、、
ペンキを塗ったら怒られるかな、、
などと思ってたら
今日、大家さんが
ドアを塗り替えるための
お掃除に来てくれてました。
しかも、、
ドアの色は
オリーブ色になるそうです。
キャッ♡
思ってたら
玄関のドアのペンキを
大家さんが塗ってくれました。^ ^
新月の日に
扉の色が
塗り替えられる。
なんて素敵なんだろうって
思わず、
踊ってしまいました。
大丈夫。
全てはうまくいっている
ね。
小さなヒントを
見逃さないで、、
あなたはあなたが
進む道をちゃんと歩んでいるから。
見つけて欲しい
あたなの道を
見つける事を
手伝ってくれる
食べ方とお料理の仕方
伝えています。
さ、今年も残りわずかです。
あなたがあなたを愛して
暮らせますように。
今日も、最後まで
読んでくださって
ありがとうございます。
感謝♡一粒万倍
お料理びと
nakamIe

お知らせ♡♡♡

世界一美味しい
玄米ごはんの炊き方講座

12月24日に開催します。
あなたが愛されていると思える
お料理がここにあります。

nanadecor KITCHEN