和菓子作りで暮らしを豊かに

皆様、こんにちは!
フードレメディストのEmikoです。
 
 
 

季節は8月23日に処暑を迎えました。日中はまだまだ蒸し暑いですが、朝夕は過ごしやすくなり、少しずつ秋の気配を感じるようになってきましたね。
 
 

日中は暑いと感じて、冷たいものをとりすぎるのは控え、秋に向けて体を調整するためにも、少しずつ出てきたかぼちゃや根菜類を積極的に取り入れ、夏野菜も食べ方は生ではなく、火を通して食べることを意識していきましょう。
 
 
 
それでは、今回も毎月恒例の和菓子教室のご紹介です。
7月は、ところてんと雪見だいふくを作りました。
 
 
まずは、簡単にところてんの歴史についてご紹介します。
 
 
ところてんは、テングサやオゴノリなどの海藻類をゆでて煮溶かし、冷まして固めた食べ物です。
中国で海藻を煮溶かして、スープを作った残りのものが固まったのがきっかけでできたそうです。
 
 
「天突き」と呼ばれる専用の器具を用いて、押し出しながら細い麵状に切った形態が一般的です。
 
 
ところてんを食材として用いた歴史はさらに古く、平安時代に中国大陸から伝えられ、当時の宮廷や高貴な人々の贅沢品であったといわれます。
 
 
ところで、皆さんはところてんと寒天は別ものだということをご存知ですか?
 
 
徳川時代に、伏見で本陣を営んでいた美濃屋太郎座衛門が、ところてんから寒天を作る手法を発見したといわれています。
 
参勤交代の途上、宿泊した島津公をもてなす為に作ったところてん料理の残りを、戸外に捨てたところ、厳冬であったために、
数日後に白状に変化していたことから興味を持ち、のちに「ところてんの乾物」と名付けて販売を始めたのが、発祥と言われています。
 
 
ところてんは中国で、寒天は日本で発明された食べ物なのです。
 
それでは、和菓子教室の様子をご紹介していきます。
IMG_5916

こちらがテングサです。さわるとフワフワしていました。
 
 
IMG_5917
水とお酢を入れて約40~50分炊きます。お酢を入れるのは、テングサの成分が抽出しやすくなるからだそうです。
 
 
IMG_5921
後はさらしでこして、冷やし固めるだけです。こした後のテングサはもう一度使用して、さらにところてんを作ることが可能です。
テングサがなくなるまで、何度も作ることもできるのだとか。
 
IMG_5922
冷蔵庫で冷やして固まった状態です。とってもキレイですね!
 
 
IMG_5926
こちらが、天突きです。うまく押せるかドキドキでした。
 
 
IMG_5931
ゆっくり押していくと、きれいに出てきました!つるっと出る瞬間が気持ちよかったです!
 
 
IMG_5936
出来上がりです!1つは関東風に酢醤油をかけて、もう1つは関西風に黒蜜をかけて食べましたよ。
どちらも、とってもおいしかったです。暑さが吹き飛びました!
 
 
IMG_5932
 
 
こちらは、各自で作った求肥を餡子で包んでいきました。
 
 
雪見だいふくは豆乳アイスを求肥でくるんで食べました!写真を撮りそびれましたが、こちらもとってもおいしかったです!
 
 
今回、みんなで作った和菓子を食べながら、お料理は創意・工夫ができるところが楽しいよね!という話になりました。
 
 
天突きがなくても、ところてんを薄く切って、黒蜜をかけて葛切りのようにして食べたり、
サイコロ上に切って、グラスの下に入れてその上にお野菜やフルーツを乗せてパフェ風にしたりするのも楽しそう!
という話で盛り上がりました。
 
 
 
お料理は、本当に無限の可能性があって、試行錯誤を繰り返しながら、創意工夫を加えていくと、
その可能性がどんどん広がっていきます。
ところてんから、寒天が生まれたように、お料理は思いがけない瞬間に、新しい発見が生まれてきます。
 
 
こうしたらおいしいかもしれない、盛り付けもこのお皿にしたら映えるかな?などと思考をこらし、
挑戦してみて、また新たな発見がある。
 
 
お料理は試行錯誤の連続で、失敗もあるけれど、それは大きな気づきであり、必ず次に活かすことができる。
「挑戦する」ということに意味があるように思います。
お料理と人生はなんだか似ていますよね。
 
 
毎回、和菓子教室では求肥を作っていますが、その求肥を季節に合わせて、アレンジしています。今回のように、夏はアイスを入れてみたり、先月は求肥の上に抹茶をかけて、うぐいす餅にしました。
 
 
 
求肥の作り方を知っているだけで、季節に合わせてたくさんの和菓子を作ることができます。
作るたびに、季節を感じますし、やはり、季節に合わせた食べ方をすると心地よいです。
 
 
 
そして、できるお料理が増えてくると、自分の自信につながって、楽しいな嬉しいなと感じることが多くなってきます。
そんな、ちょっとした喜びや楽しみが多くなると、日々の暮らしがより豊かになっていきます。
和菓子教室では、お料理をしながらそんな心地よい感覚を感じることができます。
 
 

求肥づくりは、材料は本当にシンプルで、回を重ねるごとにコツをつかみ、上手くできるようになってきます。
季節の和菓子を作りながら、みなさんも求肥づくりをマスターしていきましょう。
 
 
 
次回の和菓子教室は、8月29日(水)18:30〜
求肥パフェを作ります♡
詳細、お申込みはこちら→http://onnmusubi.shop/?pid=123792869
 
 
スタッフ一同皆様のご参加をお待ちしております。
 
 
 
♡お知らせ♡
 
♡フードレメディスト養成講座 募集開始しました。
約1年かけて食べ物と自然界の摂理の関係
カラダとココロと食べ物の関係
そして自分らしく生きるためのお料理の作り方を学ぶコースです。
定員4名のじっくり学ぶクラスです。
http://onnmusubi.shop/?pid=128443327
 
 
♡「フードレメディーベーシック講座」
大好評のマクロビオティックの基本を学ぶクラス。8月は平日2日間連続開催です。
 
8/30(木)・8/31(金) 両日13:00〜17:00
 
あなた自身が自分らしく輝くために取り入てほしい、これだけは知っておきたいマクロビの基本を2日間で凝縮してお伝えします。
 
詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876
 
 
♡お料理びと naka mIeのMail magazine
「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
 
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術をお伝えしています。
 
メルマガのご登録は、こちらから→
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm
 
 
♡ nanadecor KITCHEN
美味しい玄米ごはんと月のリズムに合わせたフードレメディーランチをご提供しています。
食べるとココロとカラダが整いますよ、ぜひ体験しにいらしてくださいね。
 
15時以降のcafe timeにも玄米お結びプレートやお弁当などの軽食もご用意しています。
 
営業時間:水~日曜日 12:00 P.M~7:00P.M
定休日:月・火曜日(他、お盆期間に不定休あり)
 
メニューやご予約など詳細はこちら→
http://nanadecor.com/topics/1006/
 
 
皆さまのお申込み・お越しをスタッフ一同をお待ちしています!

秋へシフト 夏土用からの過ごし方

 
皆さま、こんにちは!
クレンズ and MACROBI担当のNaomiです。
土用干しは終わりましたか?
 
7月20日から立秋の前日8月6日までが夏の土用の期間、季節の変わり目ですね。四立の前それぞれに16日間ある土用の中でも一番過ごし方に注視してほしい時期です。
 
今日は、夏土用そして立秋からの過ごし方について書いてみます。
 
 
大暑を迎え暑さ真っ盛りなのに季節の変わり目と言われても、、、ですよね。。
 
天気予報でよく聞く「夏日」や「真夏日」、「猛暑日」は暑さを示す指標で、「夏日」は最高気温が25℃以上、「真夏日」は30℃以上、「猛暑日」は35℃以上をさし、体温以上の気温になるのは、「酷暑」とでも言いましょうか。
 
気温とは別軸で太陽の動きに目を向けると、夏至を境に少しずつ地球に下降のエネルギーが働いています。気温にばかり気を取られて環境には目が向かないので、意識をすることが大切です。

 
猛暑日が続き、熱中症などにならないようこまめな水分補給(汗をたくさんかいたときは、水だけでなくミネラルも)が必要です。が、そろそろ徐々に冷たいものやカラダの熱をとってくれる夏野菜(トマト、きゅうり、なす、ピーマンなど)を生でいただくのは日中までにして、お夕飯では同じ夏野菜でも火を入れたものをいただくと、次に迎える季節が過ごし易くなります。
 
例えば、秋になると花粉症でもないのに鼻水が止まらない。いつも秋になるとカゼをひく。等の症状は、カラダの冷えが原因です。
 
火を入れる以外に、お味噌を使ってお料理する、出回りはじめたカボチャや根菜類を少しずつ増やしていく。そうやって引き締める(下降・安定)エネルギーを取り入れる事で、緩める力と引き締める力の調和がとれていきます。引き締める力=陽性、緩める力=陰性という振動を意識してみましょう。
 
クーラーの効いたオフィスで一日の大半を過ごしているのに、アイスコーヒーを昼も夕方もデスクで飲んでいる人は、ご自身にとって焼き締めた調理法や引き締めるエネルギーのものが多いのかもしれません。(コーヒーはホットでもカラダを冷やします。)
 
意識をしてみると、次の季節に必ずカラダは応えてくれますよ。
 
 

先日のクラスの様子。トウモロコシご飯の出来あがりを待つ時間もご馳走です。
 
 
 
さて、「秋茄子は嫁に食わすな」という慣用句は、鎌倉時代の和歌集「夫木和歌抄」の和歌に由来していたって知っていましたか。
 
「秋なすび 早酒(わささ)の粕につきまぜて 棚におくとも (君が)嫁に食はすな」
歌にある「君が嫁」はネズミの別名で、それが現代ではお嫁さんに置き換わったと言われています。
 
夏より秋に採れたナスは美味しいから嫁にはもったいない。とか。夏の実野菜は秋にはお嫁さんのカラダを冷やすから食べさせたらダメ。という両極端な意味で使われていますが、後者だったら、カラダのことを想って控えようかなとも思えますね。
 
 
 

 
 
土用の季節には、トウモロコシご飯がぴったり。トウモロコシの緩めるエネルギーと玄米の引き締めるエネルギーが一つのお鍋で出会って、食べると巡りが良くなり元氣になります。
 
先月もこのブログで書きましたが、自然の摂理に合わせて食べものや食べ方を変化させることでカラダが喜びます。
 
意識をすることから始めてみませんか。
 
シフト 秋。
 
 
 

nanadecor KITCHENにも夏野菜だけでなくかぼちゃのメニューも登場です。
 

最近食べた♡なもの、有機かぼちゃのプリン。イタリアンのコースにも土用を意識したメニューがあり心地よかったです。
 
 
 
食べてカラダの中からキレイに
クレンズ and MACROBI
by Naomi
 
 
 
♡お知らせ♡
 
♡「世界一美味しい玄米ご飯の炊き方と季節のお結びお話し会」
nanadecor KITCHENで食べられる玄米ご飯を
アンドマクロビ主宰naka mIe 直伝で学べます。お話し会も大好評です。
 
8/4(土) 17:00〜19:00
 
詳細・お申込みはこちら→
http://shop.nanadecor.com/?pid=130393237
 
 
♡「お煎茶テーブル手前」
5月のhappy returns marketでお振る舞いをしてくださった中井先生に学ぶ、「初手前三法」は、普段の生活でもいかせるお茶の美味しい淹れ方を、美しい所作と黄檗賣茶流のおもてなしの精神を習得する立礼式のお点前のクラスです。
マクロビオティックの和菓子付き♡
 
8/4(土) 14:00〜15:30
 
詳細・お申込みはこちら→
http://shop.myorganiclabo.com/?pid=133526850
 
 
8月も第1土曜&日曜はhappy returns market。
他にも盛りだくさんな2日間です。
 
詳細はこちら→
http://myorganiclabo.com/2018-08-happy-returns-market/
 
 
♡「フードレメディーベーシック講座」
大好評のマクロビオティックの基本を学ぶクラス。8月は平日2日間連続開催です。
 
8/30(木)・8/31(金) 両日13:00〜17:00
 
あなた自身が自分らしく輝くために取り入てほしい、これだけは知っておきたいマクロビの基本を2日間で凝縮してお伝えします。
 
詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876
 
 
♡お料理びと naka mIeのMail magazine
「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
 
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術をお伝えしています。
 
メルマガのご登録は、こちらから→
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm
 
 
♡ nanadecor KITCHEN
美味しい玄米ごはんと月のリズムに合わせたフードレメディーランチをご提供しています。
食べるとココロとカラダが整いますよ、ぜひ体験しにいらしてくださいね。
 
15時以降のcafe timeにも玄米お結びプレートやお弁当などの軽食もご用意しています。
 
営業時間:水~日曜日 12:00 P.M~7:00P.M
定休日:月・火曜日(他、お盆期間に不定休あり)
 
メニューやご予約など詳細はこちら→
http://nanadecor.com/topics/1006/
 
皆さまのお申込み・お越しをスタッフ一同をお待ちしています!

暑い毎日に クールダウンのキヌア

今年はいつもより急ぎ足で
夏が訪れているようです。
暑い毎日ですね。

 

小暑から大暑へ向かい
ここからまだまだ暑くなる
そんな毎日です。

 

カラダの熱を外に出す工夫を
とりいれながら、元気の源になる
穀物を食べながら夏を楽しんでいきましょう。

 

 

カラダを冷やすのが得意な
お野菜達は
ナス、トマト、ほうれん草
きゅうり、ピーマン、じゃがいも
オクラ、などなど。
トウモロコシもオススメです。

 

 

トマトはカラダを冷やす
代表選手なので、
食べすぎは秋にカラダが
こたえるので要注意です。
そんなトマトですが、、

 

 

キヌアとあわせて食べると
なかなかいいハーモニーを
つくりだします。

 

 

キヌアは
キヌアは南米のコロンビア、
ペルーなどの
アンデス山脈一帯を原産地とする
植物です。

 

 

キヌアは高い栄養価というだけでなく
インカ帝国の時代から
食されていて「穀物の母」
と呼ばれていたほどの植物です。

 

 

タンパク質や食物繊維も多く
脂質の分解を促すビタミンB2も
多く含まれているので
皮膚の代謝を促したり、
クレンジングだけでなく
美肌効果にも大活躍です。

 

 

さらに、女性ホルモンと
似た働きをする植物ホルモンである
フィトエストロゲンが
含まれていて大豆イソフラボンなどと
同じように更年期障害を
助けたり女性らしいボディーラインの
維持や肌の潤いづくりを
手伝うと言われています。

 

 

体をクールダウンさせてくれて
冷え性を作らない・・・
そんなスグレモノです。
そんなキヌアは1.5倍から
2倍のお水で炊いて使います。
最初は弱火で10分。
蓋をしてそのまま弱火で
10分から15分火にかけると
炊き上がります。

 

サラダに加えたりして
食べると食べやすいですよ。
カラダのクールダウンが得意な
トマト。

 

 

その赤は生命力のチャクラを
活性化させる色です。
食卓に赤い色が並ぶだけでも
元気になってきます。

 

 

キヌアとトマトを使ったサラダ。
隠し味に梅干しを使えば暑さを楽しむカラダづくりに完璧です。
さ、美味しく食べて、
暑さに負けないカラダづくりを
楽しみましょう。

自然の摂理を学んで

食べる事で自分を快適にする

悩みや、問題を食べ物で解決させる方法

それがフードレメディー講座です。

 

次回のフードレメディ ー講座開催日決定

8月30日 31日 13:00〜17:00

詳細はこちらをご覧ください。

http://onnmusubi.shop/?pid=119846876