衣替えをするように、食べものも食べ方も季節に合わせて変えていく。

皆さま、こんにちは!
クレンズ and MACROBI担当のNaomiです。
 
今年は全国的に平年より少し早く梅雨入りしましたね。6/11には「入梅(にゅうばい)」を迎え暦の上でも梅雨入りしました。
 
この時期は湿度が高いので汗をかき辛く、カラダの中は余分な水分で以外と冷えています。
浮腫みが気になったら冷たいものの摂り過ぎに注意して、巡らせて水はけの良いカラダを目指しましょう!
 
 


 
 
巡らせる。
衣替えをするように、食べものも食べ方も季節に合わせて変えていく…
 
そう、一年の巡りはその季節に出回る旬のお野菜から。
一ヶ月の巡りは月のリズムを調理法で取り入れてみる。とカラダを巡らせることが出来ます。
 
この時期に出回るお野菜といえば、きゅうり、トマト、茄子、ピーマン、西瓜やゴーヤ、そしてトウモロコシ、たかきびなどの夏が旬のお野菜や雑穀は、カラダの中の熱を放出させる働きがあるので、ここからの季節にぜひいただきたいもの。
 
スーパーに行けば一年中手に入るものもありますが、旬の時期にいただくとその時季を過ごしやすくするエネルギーを摂り入れることができます。
 
それから食べ方。お料理する時にいつも同じ調理法ばかりでなく、 月のリズム(満ち欠け)に合わせて、ざっくり言うと
 
上弦の頃 → 蒸す・茹でる
満月の頃 → 元気よく炒める・揚げる
下弦の頃 → 煮る・炊く
新月の頃 → 煮しめる・オーブン調理
 
というように、旬の食べものをお料理するときにも、このサイクルに合わせた調理法にすることで、特に女性は月の満ち欠けを意識して過ごすことになり、カラダが快適になりますよ。
 
 
 

(ボイルドライス。ミニトマト、ブラックレーズン、クルミ、バジルを混ぜて)

 
 
 
そして、ここから暑くなると、主食の玄米が少し食べにくいというお声が多くなる季節です。
 
玄米を一年中美味しく食べ続けるには、炊き方を変えたり、食べ方を変えることがコツです。
いつも圧力鍋で圧力をかけた炊き方だったりしていませんか?
 
玄米自体のエネルギーは、カラダの中に熱を蓄えるのが得意です。
玄米を食べ始めた頃はカラダの調整をとることが目的なのでこの強いエネルギーを心地よく感じますが、食べ続けていると夏の暑い日には食べにくくなってきて断念する人が出てくるようです。
 
そんな時は、高きびやとうもろこしを一緒に炊いたり、炊きあがった玄米に刻んだ大葉やきゅうり、梅干しを混ぜ込むと玄米が夏にぴったりのエネルギーになり食べやすくなります。
 
これからの季節におすすめの食べ方は、玄米を茹でていただく「ボイルドライス」です。
 
たっぷりのお湯を湧かしてさっと洗った玄米をパスタの様に茹でる方法です。
このときのポイントは、強火でグラグラとお鍋の中で玄米一粒一粒が元気よく激しく踊っている感じです。約30分ぐらい茹でると出来上がりです。
 
この元気よく踊っている調理法が夏のエネルギーを体感させてくれてカラダの中の熱をカラダの外に放出するお手伝いをしてくれます。
 
 
 
「アスパラと梅干しのボイルドライス」のレシピをアップしたのでぜひ作ってみてくださいね。
https://cookpad.com/recipe/5115118
 

 
 
 
 
自分の食べたいものや習慣だけで食べるのではなく、自然の摂理に合わせて食べものや食べ方を変化させることでカラダが喜び、そして宇宙からの情報が入ってきやすくなることを覚えておいてくださいね。
 
 
もうすぐ6/21は、夏至の日。
思いっきり夏を楽しむ準備は出来ましたか?
 
食べるものと食べ方でカラダもココロも巡らせていきましょう!
 
 

(きびもこれからの時期におすすめの雑穀です。Classで作った「きびニラ」、「きびトマ」)
 
 
食べてカラダの中からキレイに
クレンズ and MACROBI
by Naomi
 
 
 
 
♡アンドマクロビからお知らせ♡
 
★「フードレメディーベーシック講座」
大好評のマクロビオティックの基本を学ぶクラス。7月も週末2日間連続開催です。
 
7/14(土)・7/15(日) 両日13:00〜17:00
 
あなた自身が自分らしく輝くために取り入てほしい、これだけは知っておきたいマクロビの基本を2日間で凝縮してお伝えします。
 
詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876
 
 
★「伝えたい和食の基本~お家で作る季節の和食~」(単発レッスン参加可)
 
旬を生かした家庭でのお料理の基礎をマクロビオティックの観点を取り入れながらお伝えするクラスが始まります。
1年間を通して一緒に日本の家庭料理を学んでいきましょう。
 
次回は、7/18(水)18:30〜
 
詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=130992729
 
 
★「世界一美味しい玄米ご飯の炊き方と季節のお結びとお話し会」
nanadecor KITCHENで食べられる玄米ご飯を
アンドマクロビ主宰naka mIe 直伝で学べます。毎回お話し会も大好評です。
 
☆6/27(水)10:00〜12:00
☆7/7(土)17:00〜19:00
 
詳細・お申込みはこちら→
http://shop.nanadecor.com/?pid=130393237
 
 
★お料理びと naka mIeのMail magazine
「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
 
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術をお伝えしています。
 
メルマガのご登録は、こちらから→
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm
 
 
★nanadecor KITCHEN
美味しい玄米ごはんと月のリズムに合わせたフードレメディーランチをご提供しています。
食べるとココロとカラダが整いますよ、ぜひ体験しにいらしてくださいね。
 
15時以降のcafe timeにも玄米お結びプレートやお弁当などの軽食もご用意しています。
 
営業時間:水~日曜日 12:00 P.M~7:00P.M
定休日:月・火曜日
 
メニューやご予約など詳細はこちら→
http://nanadecor.com/topics/1006/
 
 
皆さまのお申込み・お越しをスタッフ一同をお待ちしています!

6月が始まります。今週のレシピ

 

24節気は小満の頃

今日で5月が終わります。

お月様は射手座の満月の部屋から魚座の下弦へと

向かって移動しています。

 

満月の後は少しゆっくりと過ごすのがオススメです。

月の満ち欠けのリズムでいうと

一番リラックスしたり

ゆっくりと過ごすことが向いています。

 

自分を大切にしてあげるそんな頃です。

 

今週のnanadecor KITCHENでは

そんな時に食べて欲しいエネルギーを

お料理としてご用意してお待ちしています。

 

玉ねぎと豆腐の酢豚風炒めレタス添え

玉ねぎは食べやすい大きさにきってココナッツオイルで

さっと炒めます。

今日は冷蔵庫にパクチーの根っこが

残っていたので一緒に炒めてみました。

 

さっと炒めるのがポイントです。

 

豆腐は水を切って3センチ角に切って

片栗粉をまぶして素揚げします。

 

 

玉ねぎと素揚げしたお豆腐を合わせて

ケチャップとお醤油とお酢で味を調えます。

みどり野菜を加えて出来上がったものを

千切りにしたレタスにかけます。

 

トッピングにカシューナッツを刻んだものを

のせるといいですよ。

今旬の、スナップエンドウとかインゲン

などを加えてもいいですね。

私はパイナップルを加えてみました。

 

ケチャップの甘さとお酢の酸味で

作ったお味はこの時期はオススメのお味付けです。

 

☆しいたけ・長芋・ニラの甘辛炒め

 

しいたけは1/4に切って片栗粉をまぶします。

長芋・ニラは食べやすい大きさに切ります。

菜種油をフライパンに入れて熱して

しいたけから炒めます。

 

長芋・ニラと加えて、醤油とみりんで作った

調味液を加えて出来上がりです。

 

 

 

しっかりと甘辛くするのがポイントです。

 

 

 

 

☆ブロッコリーのピーナッツバター和え

ブロッコリーは食べやすい大きさにきって

さっと茹でます。

茹で過ぎないのがポイント。

 

すり鉢にピーナッツバターと

お醤油を入れてソースを作り

 

ブロッコリーを加えて混ぜあ合わせます。        

ピーナッツバターがない場合は

練りごまでもいいですよ。

 

 

 

☆ほうれん草と納豆・切り干し大根のナムル風        

ほうれん草はさっと茹でて食べやすい大きさに切り

納豆を加えてオリーブオイルとお塩で味を整えます。

水で戻した切り干し大根は軽く絞ってお酢で味を調えて

混ぜ合わせます。海苔を加えて出来上がりです。

 

納豆とオリーブオイルの組み合わせが

初夏の感じにあうお味付けです。

 

☆キヌアのサニーレタス巻き

キヌアは2倍の水で茹でて梅酢とココナッツオイルで

味を整えます。巻きすにサニーレタスを敷き

その上に生春巻きの皮を置いてキヌア。ミニトマトをおき

巻き込みます。食べやすい大きさにきって出来上がりです。

キヌアもサニーレタスもたっぷりと

食べることができます。

キヌアにしっかりと味をつけて

巻くのがオススメです。

 

こんな感じのお料理が

この頃のエネルギーチャージに繋がっていきます。

 

ぜひ作ってみてくださいね。

 

日々のお料理はシンプルに素材を活かすこと。

これがカラダにもココロにも心地よさを

運びます。

 

月のリズムに合わせて

主となるお惣菜の味を決めていきましょう。

 

今週は甘酸っぱい感じがオススメです。

 

@nanadecor KITCHENでは

毎週ビオマルシェの宅配で届いたお野菜を

使ってメニューを考えます。

 

自分で好きなものを食するところから

自然の恵みと自然のリズムを

使ってメニュープランニングする。

 

それが大地と宇宙と繋がって

自分自身の軸が活性化するメニューです。

 

食べていただいた方の反応は様々ですが、

しいたけと長芋とニラの甘辛煮は

皆様に喜んでいただけました。

 

ほうれん草と納豆のナムル風は

切り干し大根の酸味が

味のアクセントとなて

いつも以上に納豆が美味しく感じることが

できたようですよ。

 

どれも簡単なので

ぜひ作ってみてくださいね。

 

ちょっとお忙しい方は

ぜひ、nanadecorKITCHENに食べにお越しください。

お待ちしています。

 

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

感謝♡一粒万倍

 

お料理びと  nakamIe

 

 

 

 

 

季節を愛でるライフスタイル〜煎茶道から和の文化を学ぶ〜

皆さま、こんにちは!
クレンズ and MACROBI担当のNaomiです。

 
ゴールデンウィーク中の5月5日(端午の節句)に立夏を迎えましたね。
お休みだった方もお仕事だった方も、
夏の日射しと懐かしい人や大勢の人に会って、
今週は少しのんびりしたいなぁと思う気持ちも
出てくる頃ではないでしょうか。
 
そんな時こそ、旬のものからエネルギーをいただき
元気に過ごしたいものですね。
この時季、そら豆、アスパラガス、蕗、ヤングコーンは
直売所などで見つけたらぜひ連れて帰って旬を味わってみてくださいね。
 
 
今日は、毎月第1土曜日&日曜日に開催している
「happy returns market」で、
先日5/5に、このマーケットの趣旨にご賛同いただき、お
茶席を振る舞ってくださった中井先生との
時間を通して体験したこと感じたことを書いてみます。

 
その前に、新しい試み「happy returns market」って何?
と思われた方も多いですよね。

 
先月から、第1土曜日&日曜日にnanadecor KITCHENで開催しています。

お料理をする事を幸せに感じるnanadecor KITCHENのスタッフが、
多くの方に食べていただき幸せを感じてくださって、
さらにその幸せが循環できたらという想いで参加しています。

なので、お福分け価格。
お値段はそれぞれが次の人の分としてお気持ちを
置いていただくというスタイル。

 


(この日のお福分けは「COHAGI(もち玄米の小さなおはぎ)と「どら焼き」。

 
皆さまは、「ギフト経済」って聞いたことありますか?
「ギフト経済」とは、その根底に「ギフトを贈る幸せな気持ち」があって、
「恩返し」ではなく、「恩送り」というのがしっくりくるものです。

英語だと「pay forward」という言葉がよく使われています。
これは、「ある人物から受けた親切を、
また別の人物への新しい親切でつないでいく」という意味になります。

慣れないとちょっと戸惑ってしまいますが、
ステキな心意気ですよね。
 

そして私達にもHappyの循環が巡っています!
 
長くなるので、この辺りで話しを元に戻します。
 
 

先日のマーケットで、野点のお茶席を振る舞ってくださったのは、
黄檗売茶流の中井先生です。黄檗売茶(おうばくばいさ)流は、
お抹茶ではなくお煎茶の流派で、平成元年から立礼式を取り入れ、
着物でなくても洋服で参加できるお茶席を開催していらっしゃいます。

 
日本人の私達でも日常生活で正座をする機会はほとんどないですし、
改まった席に着物を着付けてもらって出席するのもよいですが
和装で毎日を過ごす方も少なくなった今日。

きちんと文化を継承しながら、
そこに留まらずに時代に合わせ発展していく、、、
こんなところにも、お家元のもてなしの「心」が現れていると思いませんか?

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黄檗売茶流とは、禅宗の黄檗宗僧侶であった売茶翁高遊外の
「一碗のお茶を、より美味しく、より楽しく味わえるように。
そしてそのお茶を通じてお互いの心を大切に」という考えと、
黄檗宗の茶礼をもとに発展したお手前を売茶翁の志とともに受け継ぐ流派です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

中井先生をはじめ東京支部の皆さまは、
売茶翁のように、先ごろも上野公園や
代々木公園で野点茶会を開いたばかりとのことで、
野点専用のお道具をお持ちいただき、
お茶席を設けてくださいました。

お道具入れをセッティングし、
お茶を振る舞って、お道具を元に戻すところまでがお点前です。

 
茶席のマナーも両手でお碗を持つ事くらいで堅苦しいことは
一切無しにいただいた玉露のお煎茶は、
一煎目はお出汁かと思うほどの旨味があり、
二煎目には少しだけ渋味がでてきますが
、自分で淹れるお茶とは別物のフレッシュなお味でした。
 
 
今回は野点茶会は室内と違い
掛け軸などのしつらいはありませんでしたが、
茶碗などのお道具にこめられた季節感や
ひとつひとつの所作から感じる
細やかなおもてなしの心は、日本人ならではのもの。
 

四季折々の季節を愛でる和の文化、
道の世界に触れて、
ライフスタイルの中に、
季節に合わせたお茶を淹れて飲む時間を作ることや、
季節の花をその季節に合った花器に飾ること。

この2つなら、いつも丁寧な暮らしをしたいと
思っているだけでなかなか出来ていない私にも
無理なくできるかもと思ってしまいました。
 

日常生活とは別の敷居の高い世界と思っていた
茶道が身近に感じられたのは、
普段着だから?正座をしないから?だけしょうか。

きっと、売茶翁のおもてなしの心が脈々と
受け継がれたお点前に、心から寛ぐ時間を過ごせたからですね。
 
 

マーケットの趣旨にご賛同くださり
暑い中をお茶席を振舞ってくださった
中井先生をはじめ黄檗売茶流 東京支部の皆さま、
ご参加くださった皆さま、
いつも駐車場スペースを快く貸してくださるnanadecorさま、
本当にありがとうございます。

 

日本人の私達は、先人に学ぶことがたくさんありますね。
茶道をはじめとした道の世界、
そしてマクロビオティックも、
ライフスタイルに取り入れてこそ学びが活きるように思います。

 
次は、自分でも美味しくお茶を淹れられるようになりたいな。
これからの季節は冷茶のお点前から!
 

皆さまも、お茶でなくても家庭菜園で季節の野菜や
ハーブを育ててみたり、ライフスタイルの中に季節を感じ、愛でてみませんか?
 
 
 

happyの循環 and MACROBI
 
 
 

♡お知らせ♡
 
★NEW「伝えたい和食の基本~お家で作る季節の和食~」(単発レッスン参加可)
 
旬を生かした家庭でのお料理の基礎をマクロビオティックの観点を
取り入れながらお伝えするクラスが始まります。
1年間を通して一緒に日本の家庭料理を学んでいきましょう。
 
詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=130992729

 
 
★「フードレメディーベーシック講座」
大好評のマクロビオティックの基本を学ぶクラス。
6月はご要望の多い週末2日間連続開催です。
 
6/9(土)・6/10(日) 両日13:00〜17:00
 
あなた自身が自分らしく輝くために取り入てほしい、
これだけは知っておきたいマクロビの基本を
2日間で凝縮してお伝えします。
 
詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876
 
 

★「世界一美味しい玄米ご飯の炊き方と季節のお結びお話し会」
 
nanadecor KITCHENで食べられる玄米ご飯をnaka mIe 直伝で学べます。お話し会も大好評です。
 
☆6/2(土)17:00〜19:00
☆6/27(水)10:00〜12:00
 
詳細・お申込みはこちら→
http://shop.nanadecor.com/?pid=130393237

 
 
★お料理びと naka mIeのMail magazine
「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
 
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、美しく健やかに暮らせる術をお伝えしています。
 
メルマガのご登録は、こちらから→
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm
 
 
★nanadecor KITCHEN
美味しい玄米ごはんと月のリズムに合わせた
フードレメディーランチをご提供しています。
食べるとココロとカラダが整いますよ、
ぜひ体験しにいらしてくださいね。
 
15時以降のcafe timeにも
玄米お結びプレートやお弁当などの軽食もご用意しています。
 
営業時間:水~日曜日 12:00 P.M~7:00P.M
定休日:月・火曜日
 
アクセス・メニューやご予約など詳細はこちら→http://nanadecor.com/topics/1006/
 
皆さまのお申込み・お越しをスタッフ一同をお待ちしています!