nanadecor KITCHEN〜今週(6/26-/30)のレシピ〜

6月26日〜30日 夏至の頃、
お月様は下弦の月から新月に向かうとき
 
夏至の頃は気の巡りでいうと最も陽気で活発に動きがあるときです。
 
熱を逃がしてくれるきゅうり、トマトなどを上手に取り入れて、
カラダの中から熱を発散しながら冷えすぎないように過ごしましょう。
 
お月様のリズムが新月に向かっているので、暑くても根菜類はカラダの巡りを応援してくれます。
 
●大根麻婆飯(冬のエネルギー 塩味)
 
ソイミンチをお湯で戻しておきます。ニンニクと生姜をみじん切りに、ニラは刻んでおきます。
大根は、サイコロ状に切ります。お鍋に大根を入れてひたひたのお水を入れて加熱します。
大根が柔らかくなったら、お鍋にソイミンチ、ニンニク、生姜、八丁味噌を加えて煮込みます。
大根とソイミンチに味がしみたら葛を溶き入れてとろみをつけて刻んだニラを加えて出来上がりです。
温かいご飯、冷やご飯にかけてもおいしく召し上がれます
 
●きゅうりのお漬物(夏のエネルギー 苦味)
 
きゅうりは乱切りにしてボウルに入れ、ひとつまみのお塩でマッサージしておきます。
玉ねぎは薄く回し切りにして氷水にさらしておきます。トマトは、さいの目切りにします。
生姜は千切りにします。
きゅうりのボウルに千切りした生姜、トマト、水をきった玉ねぎを順番に入れ、胡麻油を加えて混ぜ合わせます。
最後に炒り胡麻をふって出来上がりです
 
●じゃがいもと小松菜のカレーソテー(秋のエネルギー ゆっくり炒める)
 
じゃがいもは1cm厚の輪切りに、ニンニクはみじん切りにします。
小松菜は3cmくらいの長さに切ります。
フライパンにココナッツオイルを引いてにんにくを入れて加熱します。
ニンニクの香りがしてきたらじゃがいもを入れて蓋をして蒸し焼きにします。
じゃがいもに火が通ったらきった小松菜を加えます。カレー粉を振り入れ全体を混ぜ合わせ、
お醤油を加えてさらに混ぜ合わせて出来上がりです
 
●長芋梅和え(春のエネルギー 酸味)
長芋は皮をむいて細切りにします。わかめを水で戻して食べやすい大きさに切ります。
すり鉢で梅干しをペースト状にしてメープルシロップと合わせてソースを作ります。
すり鉢にわかめを入れて味をなじませます。次に長芋を加え混ぜ合わせて出来上がりです
 
●キビカボ(晩夏のエネルギー 甘味)
もちきびは、洗ってお鍋に入れて2倍のお水で炊きます。
かぼちゃは一口大に切りひとつまみのお塩でマッサージしておきます。
フライパンにかぼちゃの皮を下にして並べて少しのお水を入れて蓋をして加熱します。
炊いたもちきびを加えて混ぜ合わせます。最後にお醤油を鍋肌から加えて出来上がりです
 
@nanadecor_kitchen
http://miesrecipe.jp/nanadecor/
渋谷区神宮前4の22の11
Open wed~Sun
12:00~19:00
(L.o 18:00)
あなたが愛されていると感じるお料理をご用意してお待ちしております。
.
このレシピのお野菜は、ビオ・マルシェ様の有機野菜セット(多菜セット)を使っております。
ビオ・マルシェ
https://biomarche.jp/

nanadecor KITCHEN〜今週(6/19-/23)のレシピ〜

6月19日〜23日 夏至の頃、
お月様は満月から下弦の月に向かうとき
.
6月22日に夏至を迎えます。太陽が一番高くなりエネルギーが活発に働くとき。
と同時に、お月様のリズムは引き締める方向へと向かっていくので、今週は調和と安定がポイントになってきます。
もちきびは6月の安定のエネルギー。
蒸し暑さを和らげてくれる食材のトマトと組み合わせて見ました。
.
●キビネギ(晩夏のエネルギー 甘味)
.
もちきびは、洗ってお鍋に入れて2倍のお水で炊きます。
青ネギは3cmくらいの長さに切ります。椎茸は、一口大に切ります。
フライパンに油を引いて椎茸とニラを炒め、炊いたもちきびを加えて混ぜ合わせます。最後にお醤油を鍋肌から加えて出来上がりです。
.
●梅ごぼう(冬のエネルギー 塩味)
.
ごぼうは洗っては5cmくらいの長さに切ります。
お鍋にごぼうを並べてひたひたのお水と梅干しを入れて弱火でくつくつの火加減で水分がなくなるまで煮ます。
少しのお醤油で味を整えて出来上がりです。
.
●切干大根サラダ(夏のエネルギー 苦味)
.
切干大根をお水で戻して食べやすい長さに切ります。
水菜は3cmくらいの長さに切ってお水にさらして水から上げておきます。ミニトマトは半分に、くるみは炒って刻みます。
ボールに切干大根、水菜、ミニトマトを入れて混ぜ合わせます。
最後にくるみを加えて出来上がりです。
.
●ビタミンソテー(秋のエネルギー 炒める)
.
人参は千切りにします、ブロッコリーは小房に分けます。
ほうれん草は、3cmくらいの長さに切ります。フライパンに人参を並べて炒めます。
人参から甘い香りがしてきたらブロッコリーを加えて蓋をします。
ブロッコリーの色が鮮やかになったらほうれん草を加えます。
ほうれん草がしんなりしてきたら、カレーパウダーを振りかけ、お醤油で味を整えて出来上がりです。
.
●新玉ねぎとわかめの和え物(春のエネルギー 酸味)
.
わかめを戻して食べやすい大きさに切ります。玉ねぎは薄い回し切りにして氷水につけます。梅干しをペースト状にします。
ボールに梅干し、玉ねぎ、わかめを入れて混ぜ合わせます。
お醤油を加えて味を整えて出来上がりです。
.
@nanadecor_kitchen
http://miesrecipe.jp/nanadecor/
渋谷区神宮前4の22の11
Open wed~Sun
12:00~19:00
(L.o 18:00)
あなたが愛されていると感じるお料理をご用意してお待ちしております。
.
このレシピのお野菜は、ビオ・マルシェ様の有機野菜セット(多菜セット)を使っております。
ビオ・マルシェ
https://biomarche.jp/

未来につなぐ自然暦の暮らし 〜一緒に体験しよう 芒種のころ 〜

今月から、「未来につなぐ自然暦の暮らしの体験」が
@nanadecor KITCHENでスタート。

 

カフェのお客さまと一緒に、二十四節気に合わせて、
日本人古来からの知恵である「暮らしの手仕事」を一緒に体験しよう!というのがコンセプトです。

 

毎月1回、nanadecor KITCHENでランチをしていただいた方限定で、
お気軽にご参加いただけます。

 

今月は、「梅干しづくり」。

日本の伝統食でも、今でも一般的に食べ続けられている「梅干し」。
昔の人は、どうしてその作り方がわかったり、それが体にとっていいということが分かったのですかね。不思議ですね。

 

梅干しの効果だけでなく、梅の持つエネルギーが、「塩」と出合わせて梅干しになることで、どう変化していくのか、陰陽のエネルギーの変化についても、学びました。
そんなエネルギーを変化する体験を重ねている梅干しは、「変化」させることが得意なんですね。

 

あとは、7月の土用の時期に3日以上、日に干すだけ。
 

ちょうど、来月からシンガポールに出張される方もいて、
「シンガポールで天日干ししたら良いですよ。
そして、シンガポールという新しい地の変化に合わなかったら、
シンガポールで天日干しした梅干しがお役に立つと思います。」
と、美恵さんからのアドバイス。

来月は、「ぬか床づくり」。
日本の先人が残してくれた手仕事を暮らしの中に取り入れてみませんか?
 

日程が決まり次第、インスタにアップしますので、
最新情報は、nanadecorKITCHENのインスタをご確認ください。
@nanadecor_kitchen