1月17日を迎えて思うこと

1月17日 阪神淡路大震災から23年。

もうすぐ四半世紀になるんですね。

 

23年前、その時私は神戸の近くの

豊中というところに住んでいて・・

 

あの日はゴジラみたいな怪獣が

家を襲ったかのような音と振動で目が覚めました。

 

寝ていた部屋のタンスの上に置いていた洋服箱が

カラダの上に落ちてきて

隣の部屋からは食器がガシャんガシャんと

落ちる音。

その音が怖かったことを今でもはっきりと

覚えています。

 

実は前日に神戸の街・三ノ宮に遊びに行っていて

その翌朝の出来事でした。

 

神戸に住む叔母を助けに行くときには

電車が止まっていて

振替のバスを待ちながら

線路の上を歩きながら三ノ宮まで行きました。

 

昨日までの景色と全く違っていた

神戸の街に愕然として

いったい何が起こったのだろうと

頭が理解するまでに時間がかかったことを

覚えています。

 

その時に、人の力のすごさ・・・

を再確認したり

大切なものは何なのかを見直すきっかけが

始まったように思います。

そして、この年の夏に私はマクロビオティックに

出会うわけです。

 

辿っていくと必然というか

偶然というか

いろんな人との出会いの繰り返しの中で

マクロビオティックと出会うわけです。

 

私をこの道に運んでくれた人は

阪神淡路大震災の時、叔母さんの家が倒壊して

その後始末をしてた時・・・

 

なんと畳の下から叔父さんが貯めていたお金が

1000万出てきたそうです。

 

「私ももう歳だしこのお金はあんたに預けるから

あんたがやりたいことに使いなさい。」

そういってお金を渡されたそうです。

 

そのお金を資本に新大阪に玄米の巻き寿司の専門店を

オープンさせていました。

そのお店を紹介されて玄米の巻き寿司を食べにいったのが

私が久司道夫先生の名前を知るきっかけになるわけです。

 

「女性がキラキラ輝く職場」(今書くとかなり軽い言葉ですが・・)

を追求し始めてた私に

その店の亭主が1冊の本を私に渡して言ったのです。

 

「君の悩みは食べ物を変えたら解決するよ。

ま、僕のいうことなんか信用できないだろうから

この本を読めばいい・・」

 

そう言って渡されたのが

久司道夫先生の

「マクロビオティック健康法」という一冊の本だったわけです。

 

その本は今でも私のバイブルであり

今でも何かあればページをめくる本です。

 

そして、、、それから23年

マクロビオティックという学びを

私たちに残してくださった

桜沢如一先生からの教えや

久司道夫先生からの学びを

自分の人生を通して体感し学んできました。

 

私の体感地で言えば

マクロビオティックが伝えてくれていることは

今、いろんなところで言われている

ビジネス的に言えば

「成功の法則」だし

ココロ的に言えば

「引き寄せの法則」だし

スピリチュアル系でいうと

「自分らしく生きる生き方」

なんですよね。

 

時代の変化と進化の中で

マクロビオティックは

健康法としてずっと親しまれてきました。

 

病気を治すための食べ方とか

ダイエットするための食べ方とかね。

 

私もそんな切り口でお伝えしてきていました。

 

ちょっと話がそれますが

手習いしているお煎道のお家元が

「伝統と伝承は違う。」とお話ししてくださったことがあり

 

「伝統とは真理を変えずに時代に合わせて

変化させ進化させて継続させていくこと」

それに対して伝承は

「同じことをずっと伝え続けること」と

教えてくださったことがありました。

 

マクロビオティックの学びの中にも

桜沢如一先生は

「全ては変化し進化する」と自然の摂理を

教えてくれています。

 

人のニーズや

環境のニーズで

私たちの学び方や

目指すものは進化し変化していくのだと

 

それでも真理が変わらないものが

伝統なんだんと認識しています。

 

2015年に私が宙の学びをさせてもらっている

ルミナさんからは

「伝統をなくした国民は尊厳を失う」という

内容のメッセージを受け取りました。

 

これからの変化が多い時代に

一人一人が自分らしく生きるために

必要なことは

「そもそもを知ること。」

「伝統を受け継ぐこと」

このことがとても大切なんだと感じています。

 

変化し進化するために

失わないこと

 

私たちが今生かされているからこそ

体感しできることは何なのか・・・

 

そのことをマクロビオティックはずっと

教えてくれていると思うのです。

 

「自分の人生の責任をとる」

これがマクロビオティックから学ぶこと

「自分の人生の責任を取る」ことが

自由に生きることであり

自分らしく生きることであるのです。

 

そしてマクロビオティックが素晴らしいことは

その実践方法をとても具体的に

学べるということです。

 

自然界の摂理を

どの家にもあるお台所という場所で

体験できるということ

 

お鍋の中に宇宙を体感できるという術を

学ぶことができることです。

 

1995年から2019年まで

24年に年月を重ねて

人生を思いっきり生きたことでわかったこと。

 

それは私たちはとても素晴らしい

存在であるということ。

そしてその存在の全ては

自分を生きるための術を身につけている

ということです。

 

もう誰かの通りに生きるのではなく

自分の人生を楽しむために

知っておいて欲しいこと

 

それは私たちは地球の一部であり

宇宙の一部であるということ

 

そのことを忘れないために

宇宙の摂理を学ぶんだとそう思うのです。

 

阪神淡路大震災の日をきっかけに

マクロビオティックの学びを体感した私にとって

今日は人生の大きな転換日なのです。

 

人生の中で

誰もがその人にとっての転換日となる日が

ありますよね。

 

このブログを読んでくださっている人が

マクロビオティックと出会って

これからの人生がより豊かになること

そしてそれが地球の未来につながることを

願っています。

 

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

 

お料理びと nakamIe

感謝♡一粒万倍

 

お知らせ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

MAIL MAGAZINE
MAIL MAGAZINE「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm

 

フードレメディーベーシック講座

自分の人生を豊かにする食べ方
自然界の摂理を生かしてエネルギーを作り出す
錬金術の基本の考え方と基本のお料理をお伝えします。

いつでも好きな時間に学べる
動画版の講座が始まりました。
詳細はこちら
http://onnmusubi.shop/?pid=138022663

リアル講座
3月は
17日 31日の二日間です。
詳細はこちらをご覧ください。
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876

 

●今年も毎月地道に星座別満月のお塩つくってます!

100年先まで残したいシリーズ 満月のお塩

http://onnmusubi.shop/

 

お料理びと naka mIe
フードレメディ講座主宰
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術すをお伝えしています

トップページ


あなたが愛されていると思えるお料理が ここにはあります。
nanadecor KITCHEN
渋谷区神宮前4の22の11

nanadecor

 

 

 

100年先まで残したいシリーズ 満月のお塩

マクロビオティックを伝えるようになって

いろんな人や物に出会いました。

 

私の中で

この考え方は100年先まで残したい

とか

この商品は100年先まで残って欲しい

と願うものを微力だけど応援したいと思い

いろんな方法で形にしてきました。

 

細々とですが・・・続けてきてよかったと

思うと同時にそのものがずっと

受け継がれていくことを願い、まだ知らない人にも

やっぱり知って欲しいと思うこの頃です。

 

物との出会いや人との出会いは

限りがあり、いいもの全てに出会うわけでわないけれど

自分の暮らしにご縁があるものを大切にしたいと

思い、ものを選んでいます。

 

商品ではなく

その物が出来上がった物語や

そこにまつわる人・そして想いを大切にしたいと

そう思っています。

 

例えば

私がずっと大切にしているものの中に

満月のお塩があります。

 

満月のお塩は

私の恩師であるマクロビオティックの先生の

久司道夫先生からのご縁で出来上がったお塩なのです。

 

そもそも

久司道夫先生が

「今の海水を煮詰めて作るだけではなく

より、人のカラダに馴染みやすく負担がない塩を作れないか。」

とお話をされたところ

 

満月のお塩を作ってくださっている

能登製塩の先代の社長が開発好きで

世界初の低温湯煎方式というお塩の作り方を

発明されたのです。

 

その当時の道夫先生は

現代人のカラダが昔より動物性のタンパク質を

多く採り入れていることから

できるだけナトリウム成分が少なく

結晶の結びつきが柔らかいそんなお塩がいいと

世界中を探していらっしゃいました。

 

そんな時に出会った能登製塩さんの先代の社長さんが

低音湯煎方式を発明してくださったわけです。

 

そうゆう意味ではこのお塩は

久司道夫先生がこの世に生み出してくださった

貴重なお塩なわけです。

 

 

ご存知な方は少ないと思いますが

1905年にはお塩の専売制が引かれ

1997年まではお塩は専売特許で販売されていました。

 

その当時のお塩は

いわゆる食塩で

その製法はそれまでの製法に比べて

作りやすくコストも安くなるものでした。

 

そもそも自然からの恵みだったお塩ですが

そうやって国のため、

人のために変化してきたわけです。

 

食塩は今までの作り方のお塩とは

含まれる成分が変わり

カラダにとっては負担がかかる形になって

いたのかもしれませんね。

 

お塩の歴史を調べてみたら

そもそも、食べるというよりは

氣を清めるために活用されていたものです。

 

どうやら古代の人は

塩には優れた浄化力や殺菌効果があることを

経験的に知っていましたようです。

 

これが叡知ですよね。

 

古事記を読めば

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が、

妻である伊弉冉尊(いざなみのみこと)がいる黄泉の国から戻った後、

日向の阿波岐原で自分の体についた死の国のケガレを祓うため、

海水につかって禊ぎを行った書いてあります。

これが黄泉の国からこの世に戻る時に行う

「蘇り」=「再生」の儀式になるわけです。

 

このことが後に

「お塩で清める」という行為に繋がっているのですね。

お塩にはケガレを祓い清める力とともに、

あらゆるものを再生させる力が宿っていると

考えられてきたわけです。

 

マクロビオティックでは

生命は海から誕生したと学びます。

そして私たちのカラダは地球と同じように

できていて、カラダの70%はほぼ水分

であり、塩分が入っているわけです。

 

お塩は人が生きていくためには欠かせないもの

お塩は人が氣を蘇らせるために欠かせないものです。

 

自然界の叡知と恵みの一つ

それがお塩なのです。

 

話を元に戻しますね。

そんな能登製塩さんの工場に見学に行かせてもらった時

お塩を作り続けてくださっている

馬淵さんがおっしゃったのです。

「いろいろやってみたけど、やっぱり満潮時のお塩は

違うんですよ。それがわかってからウチのお塩は

満潮時で作っています。」

 

 

このお塩を作るために奥能登半島の珠洲という

金沢から遠く離れた場所で

ずっとお塩を作ってくださっていて・・・

お塩の話をしている時のキラキラが

私にはとても印象的でした。

 

この人・・このお塩の作り方に誇りを持っているんだな

って思ったことを覚えています。

 

そのお話の流れで・・私が言ったわけです。

「じゃあ、満月の満潮時でお塩を作ってみたら

どんなお塩になるのかしら・・・。」

 

そうやって満月のお塩は2007年に誕生したわけです。

 

1年かけて毎月作ってもらうと

12ヶ月分のお塩の味は全部違っていました。

 

 

わ〜

これが自然恵みなんだ・・・と感動をしたことを

覚えています。

その12ヶ月分のお塩を舐めてみたら

言葉が降りてきました。

1月は勇気

2月は情熱

3月は優しさ

4月は愛

5月は希望

6月は調和

7月は素直

8月は癒し

9月は決断

10月は霊性

11月は初心

12月は煌めき

 

お塩によって感じることが違って

お塩によって与えてくれうものが違う

 

そのお塩の力を皆様に伝えたいなと

思ったのが今、扱っている満月のお塩の前身なのです。

 

その後2015年にソウルメッセンジャーの

ルミナさんと出会い

その満月が持つエネルギーの意味を

お塩に合わせてメッセージをいただくことになって

今の満月のお塩が出来上がったわけです。

 

お塩は氣の汚れを祓い蘇らせてくれる力を持ちます。

お塩はその時の宙の状態を結晶化させたもの

その時の宙のパワーを身につけて持ち歩くことができます。

 

食べるだけでなく

持ち歩いたり

盛り塩にしたり

バスソルトにすることで

 

自分の状態を変化させてくれることを

手伝ってくれます。

 

人の出会いの繰り返しで出来上がった

満月のお塩

 

このお塩が100年先まで残って

皆様の暮らしの役に立てるといいなと

そう思っています。

 

 

この度・・・・

お福分けで

2019年の恋愛を助けるパワー

2019年の仕事を助けるパワー

2019年の全体運を助けるパワーの

組み合わせをご紹介しています。

 

毎月の満月のお塩と一緒に

ぜひお楽しみください。

 

http://onnmusubi.shop

 

今日も最後まで読んくださってありがとうございます。

お料理びと nakamIe

感謝♡一粒万倍

 

お知らせ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

MAIL MAGAZINE
MAIL MAGAZINE「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm
フードレメディーベーシック講座
自分の人生を豊かにする食べ方
自然界の摂理を生かしてエネルギーを作り出す
錬金術の基本の考え方と基本のお料理をお伝えします。

3月は17日 31日の二日間です。
詳細はこちらをご覧ください。
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876

そして

いつでも好きな時間に学べる
動画版の講座が始まりました。

詳細はこちら
http://onnmusubi.shop/?pid=138022663

 

世界一美味しい玄米ご飯の炊き方講座 毎月開催しています。
次回は1月19日 土曜日 10時からです。
詳細お申し込みはこちら
http://shop.myorganiclabo.com/?pid=137812444

 

●今年も毎月地道に星座別満月のお塩つくってます!
http://onnmusubi.shop/

 

お料理びと naka mIe
フードレメディ講座主宰
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術すをお伝えしています
http://miesrecipe.jp/
あなたが愛されていると思えるお料理が ここにはあります。
nanadecor KITCHEN
渋谷区神宮前4の22の11
http://miesrecipe.jp/nanadecor/

 

 

 

 

 

 

自分と繋がること

1月15日 小寒の頃

春への移り変わりの土用の頃に入りました。

 

 

自立することができたら

人と調和がとれるようになる。

 

自立するって

結局、自分と繋がること

自分を信じることができること。

 

自分を信じることって

宇宙と繋がるってことなんだなって

思うわけです。

 

昨日、2011年からのあれこれを振り返って

そうそう。

私はどっぷりと依存体質だったなって。

 

「この人がいなくなったらどうしよう。」

というその言葉が私をずっと縛っていた。

 

「この人がいなくなたら。」

だから

この人がいなくならないように

ずっと、ずっとそのことが自分の判断基準だった。

 

そのエネルギーは

支配のエネルギーを作り出し・・・。

悪循環がぐるぐる回っていたな・・・って

 

あ〜苦しかった。

きっと相手も苦しかったんだろうな・・・。

 

結婚という形はもちろん

スタッフとの関係

友達との関係

生徒さんとの関係

 

全部、全部「この人がいなくなったら」が

中心に考えていて・・・

 

その時は「その人が好き」とか

「その人の為」とかそんな風に思ってた。

 

でも実は私が私自身と繋がっていなかったから

私自身が自分を信じていなかったから

 

もっというと宇宙の摂理をちゃんと理解できていなかったから

だから、「この人がいなくならないように」とか

「この人に気に入ってもらおう」とか

 

時にそれは支配という形で表現され

「私がいないと」という関係を作っていたのだと・・・。

 

2011年から7年かけてそんな学びをしたように

思うわけです。

 

大切な人がどんどんいなくなる・・

と同時に

自立した人が私の周りにやってきて

私自身が自立することを

助けてくれた7年間

 

もっと自分を大切にしたらいい

というメッセージとともに

自分の中にある答えを信じること

 

そして本当に必要なものは与えられている

ということを学んだ7年間。

 

何もなくなっても

何もなくならない

 

一人で生きることができると

思った時に

ひとりではなく仲間がたくさんいるということを

学んだ7年間。

 

それは人生の中で本当に

尊い7年間でした。

 

その7年の中で

父や母が他界し

家族という形がなくなり

 

実家を手放し

 

本当に今までの私がなくなった

そんな気持ちに包まれて

しばらくなんとも言えない気持ちに覆われて

暮らしてた。

 

でも実際目の前には

私と一緒に毎日を重ねてくれる人がいて

4歳のあんちゃんが

「先生は家族がいないのよ」っていうと

「いるじゃん。みんな家族だよ。

あんちゃんとか、ユウマとか・・みんな家族だよ。」って

 

凄いね。

天使の言葉だった。

 

これってひょっとしたら

地球家族の第1歩なんだなって

 

「この人が東京・表参道の母です。」と

慕ってくれるイケメンたちがいて

 

繋げておこうと思わなくても

束縛しなくても繋がっている感覚が持てる

仲間がいる

 

依存と支配は同じ枠組みの中に存在し

それはいつも不安と心配を作り出す。

 

自立と共存は同じ枠組みの中に存在し

それはいつも感謝と豊かさを育んでいる。

 

ここからはまずは自分の自立を育むこと

それはいわゆる経済的にとか

心理的にとかではなく

命としての自立

 

命は生きる術を知っているということ

命は何を選択したいかをしてちるということ

 

その確信を作ることが

この時代必要なんだと確信しています。

 

そのために、まずは自然界の摂理を知ること。

私たちは地球の一部であるということに

認識を持つことからはじめてみましょう。

 

セルフケアーで言えば

情報に頼る前に、自分の体と会話をしてみる。

 

例えば

痛いと思ったら

その痛い箇所と向き合ってみる。

「どうしたのかしら?」と尋ねてみたり

「その痛さをとるために私にできることは何かしら?」

と聞いてみる。

 

食べる時も

カラダに聞いてみる。

「今日は何が食べたいかしら?」と

頭や欲求に聞くのでなはく

カラダに聞いてみる

 

そんなちょっとした工夫から

自分のことを知ることができ

自分と繋がっていく歯車が回りはじめます。

 

そして寝る前には

「今日もありがとう」って声をかけて

朝起きた時には

「今日もよろしくね」と言ってみる。

 

実はそんなことから始まるのです。

特別なことではない毎日の暮らし

その中にヒントがいっぱい隠されています。

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

感謝 一粒万倍

お料理びと nakamIe

 

お知らせ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

MAIL MAGAZINE
MAIL MAGAZINE「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm
フードレメディーベーシック講座
自分の人生を豊かにする食べ方
自然界の摂理を生かしてエネルギーを作り出す
錬金術の基本の考え方と基本のお料理をお伝えします。
3月は
17日 31日の二日間です。
詳細はこちらをご覧ください。
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876

そして
いつでも好きな時間に学べる
動画版の講座が始まりました。

詳細はこちら
http://onnmusubi.shop/?pid=138022663

 

世界一美味しい玄米ご飯の炊き方講座 毎月開催しています。
次回は1月19日 土曜日 10時からです。
詳細お申し込みはこちら
http://shop.myorganiclabo.com/?pid=137812444

 

●今年も毎月地道に星座別満月のお塩つくってます!
http://onnmusubi.shop/

 

お料理びと naka mIe
フードレメディ講座主宰
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術すをお伝えしています
http://miesrecipe.jp/
あなたが愛されていると思えるお料理が ここにはあります。
nanadecor KITCHEN
渋谷区神宮前4の22の11
http://miesrecipe.jp/nanadecor/