来年の運気を上げる 日常生活の積み重ね。

12月26日

お月様は牡羊座のお部屋に入って

上弦の月を迎えます。

今日の上弦の月のエネルギーは

いつもとはちょっと違うようです。

今まで温めてきた自分のビジョンが

より明確になっていく

そんなエネルギーが注がれているようですよ。

冬至を開けたら

太陽は再び夏至に向かって

昇って行きます。

月も18日の新月をあけて

1月2日の満月まで膨らんで行きます。

12月に入ってからずっと

引き締めて、

中へ中へと入り込んでくる

エネルギーの体感を重ねてきた

感じとは反対の感じです。

解放されて

自由になって行く

そんな感じを味わうことが

できそうですね。

ちょっと油断しちゃいそうですが

ここからは新年を迎える準備の

時間として

羽目を外さず、集中して

来年から2020年に向けての

ビジョンを立てたり

大掃除をして身辺整理をすることを

オススメします。

昨日、今年最後のメンテナンスで

salon de sadamに足を運びました。

月一回のヘッドスパを含めて

自分を綺麗にしてあげる時間です。

髪型は自分の顔の額縁ですから

お化粧はしないけど、

ヘアスタイルのメンテナンスは

しっかりと投資する私です。

とは言っても普段は

お湯シャン派の私。

月一回のヘッドスパと

カットのおかげで髪の毛はツヤツヤです。(笑)

カットもヘッドスパも

お高く止まらず

とってもいい感じ。

オーナーのサダム君は

なかなか芯のある

山羊座の男子。

話を聞くだけでも、

生きる勇気をもらえたり

しちゃいます。

ご興味のある方はオススメします。

おっと、その話ではなくて・・・

カラーをしている間に

持ってきてもらった

雑誌をめくると

どの雑誌も「来年を占う」がテーマ。

どの星座がいいとか

ラッキーアイテムは何かと

色々と情報盛りだくさんでした。

全部やったらめちゃくちゃになりそうです。(笑)

でも、ラッキーアイテムを知るとか

その色を身につけるとかは

結構大切なことだから

ご自身がフィットするものを選ぶといいですよね。

ご自身の暮らしの中で
取り入れられるものを

選んでみることはオススメです。

私がいろんな情報の中で取り入れようと思ったことは

「年越しに真っ白な新しい下着を身につけて過ごす」

→下着は毎年新年に新しいものを着るのが子供の頃からの習慣

母がいつも「神様に会うのだから」と言って揃えてくれていました。

「アイメイクは黒を使わない」

→来年は外にエネルギーを出すときということで

黒いアイメイクは中に自分を閉じ込めるそうです。

ちょうど、マスカラのネイビーとボルドーを購入してたので

来年はこの色で目力つけてみます。

他にも金色のお財布にすると
いいとからと

いっぱい、いっぱい来年の運気を呼び込むための

方法を教えてもらいました。

誰もが幸せになりたいのだよね。

誰もが運気を上げて行きたいよね。

大切なのはその気持ちを

どんな形に表すかなんだよねと

思います。

信じることは救われるではないけど

自分との約束を形に表すこと

自分の決意を表現して忘れないように

することが大切なんだとそう思います。

もちろん、

それぞれのラッキーアイテムには

ちゃんと根拠があると思うから

ご自身の生き方に沿っているものを

選んで

自分との約束を表現することが

オススメです。

「運気を上げるためならなんでもやる。」

その意気込みもとっても大切。

その意気込みは

ラッキーアイテムを揃えるだけでなく

「なんでもやる」にフックがかかっているのです。

その形をラッキアイテムを

揃えることで

表現して、それを見るたびに

自分との約束を思い出す

その繰り返しの1年になるといいですね。

そんな中で私からのご提案。

食べることは生きることと

とてもつながっています。

そして食べ物は

私たちに栄誉だけでなく

振動を与えてくれています。

その振動は私たちの身体に情報を

伝えてくれています。

私たちは意識と行動との

両輪で人生を重ねて生きます。

意識を育てることと

同時にこの肉体を育てることも

自分を生きる大切なこととしてつながっていきます。

意識と肉体を育てることは、

誰もが行う

毎日の暮らしの中の習慣で育まれて行くのです。

食べること、眠ること、

動くこと、書くこと、

言葉をつかうこと

洋服を着ること、

旅をすること、

お風呂に入ること、

等々

様々なシーンで

私達は自分のが

毎日の暮らしと人生を

生きることとが

つながっていることを

認識する必要があるように思います。

経済だけでなく

地球と、宇宙とひとつになることを

意識した

暮らしの先にある未来を

私たちのこの手で育んで行くことを

暮らし方を取り入れて見る

この時代に生きている

私たちのが

今、この時代にもう一度

取り入れることが

全体の運気を上げて行く

そんな気がします。

年末年始の準備は

実はそんなことを忘れないように

私たちに先人たちが残してくれた

ことのように思うのです。

例えばみなさんは

お正月やおめでたい時に

使うお箸をご存知ですか?

「祝い箸」と言って

お箸の先端両方が食べれるようになっています。

これは「向こう側で神様も一緒に食べてくださっている」を表現したもので、

お祝い事や特別なときに使うお箸です。

「神様と一緒に食べる」

私はそんな考え方を大切にしてきた

日本人がとても大好きです。

そうそう、

配膳した時のお箸の置く場所は

日本だけ自分達の前に置きます。

その位置は「結界」を

意味しているのです。

お箸置きの向こうは

清められている神様の世界で、

神様からの恵み

お箸を取り上げることで私達は

神様と同じ位置に入ることができ

神様の御霊をいただくことができる・・

だから
「命をいただきます」

という意味の挨拶があり

両手を合わせて

「いただきます」になるのです。

お箸置きは

汚れないために存在

しているだけではなく

神様と自分達を一つにするための

目印になるのです。

一回、一回の食事を

そんな風に思えて

食べることができたら

一回、一回の食事を

神様の御霊を分けてもらうと

思って食べることができたら

私たちは自分一人だけの世界でなく

大いなる可能性を持っている力と

結びつくことができるように

思うのです。

躾という時は

身体を美しくと書きます。

美しいというのは

単にみた感じや礼儀作法ではなく

その中に流れる

思いやりや、感謝の気持ちを

表す姿のことを表現しているように

思うのです。

宇宙とひとつになっていると

感じさせるその姿には

感動を運びます。

私はその姿を美しいと思います。

昔の人はその美しく感じられる

姿を毎日の暮らしの中で

教えてくれていたのだなと

感じるのです。

それが

躾ということだったのだなと

思うのです。

暮らしの中の習慣で

自分の芯とつながる

ココロを育てる

暮らしの中の習慣で
自分の芯とつながる
カラダを育てる
土星が山羊座のお部屋やに
やってきた
ここから約2年半は
形に表すことが
とても大切なポイントです。
宇宙からのエネルギーを
取り込むカラダとココロを
育むために
お箸置きを使って
お食事をしてみる、、
これをぜひ、
暮らしの中で
習慣にしてみてくださいね。
今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございます。
感謝♡一粒万倍
お料理びと   naka mIe

祈りは自分を信じるちから

12月22日冬至を迎えました。
一年で一番日照時間が短い日
極まって転じる日
明日から太陽は昇りはじめます。
そして土星が山羊座の部屋に
移る時。ここからやく2年半
山羊座の学びの体験をする
ことが多くなります。
私はルミナさんと一緒に
湯河原で冬至の日の出を
見て、一年間を振り返る
Sora クラブ合宿を納めて
戻ってきました。
湯河原の日の出は
今回で3回目
今年は
旧暦の元旦の日の出
春分の日の出
夏至の日の出(伊勢  二見ヶ浦)
冬至の日の出
の4回を見る機会を作れました。
冬至の今日は
太陽を愛でることは
出来なかったけれども
太陽の輝きをしっかりと
感じる事が出来ました。
それはまるで
たとえ形が見えなかったとしても
その輝きはいつも存在し
その輝きはいつも周りを
照らしている、、
形にとらわれず
真実を見る力と
自分の輝きを信じる力を
養うことの大切さを
教えてくれているかのようでした。
雲がたくさんあっても
太陽の輝きが
空高くまで届き
その輝きで染まった空は
ちょっと見たことのない
ピンク色でした。
目に見えないものを
信じるきもちは
やがて形をつくり
目に見えるものを
創り出す
私達は自分の想いを
祈りにかえて
表現した時
そこには
うちから込み上がる
感謝の気持ちを体験し
その感謝は自分が
多くの愛に包まれていると
感じるココロを育みます。
感謝のきもちは
やがて自分を信じる気持ちに
変化し
その変化は想像を超えた
世界を創り出します。
それが、
土星が山羊座のお部屋に
引っ越しして受け取る
メッセージ。
山羊座は形にすること。
自分だけの世界から
仲間や社会と関わる世界へと
以降する行動を応援します。
具体的な行動が
鍵になります。
この日のタイミングに
あなたが自分の祈りを
天に届けるための
具体的な方法を見つけて
宣言すして、行動に
移すことをおすすめします。
具体的な行動は
出来るだけわかりやすく
毎日重ねてみる事が
おすすめです。
合宿では
毎日、靴を揃える
毎日、ご先祖様にお線香をあげる
毎日、英語で手紙を書く
毎日、掃除をする
などなど
その人の祈りに向かって
具体的な行動を決めて
皆さんでわかちあいました。
祈りを目に見える行動に
変えるのは
自分が一番できそうだけど
やらないことや
自分が一番やろうと思っているけど
やれないことを
行動に移すことが
力を育みます。
具体的な行動を
重ねて育む力は
自分の尊厳と繋がる
というルミナさんの言葉が
この合宿で私が収穫した
一番のこと。
そうゆう意味では
玄米を炊き続けた
20年は私の尊厳につながっていると
そう思います。
ただ炊くのではなく
私はどんな時も玄米を炊く
と決めたことを
重ねたことが尊厳とつながって
いるのです。
人はどうしようもない時
祈ります。
その祈りは自分を変化させる
源の力となり
その力は具体的な
行動とつながった時
自分を信じる力を育てます。
自分を信じる力は
夢を叶える力を育て
その夢が社会をより
豊かに進化させる力となっていく
そんな循環を創り出します。
時代は
自分を生きることが
社会に貢献する循環に
進化しているのです。
冬至からはじまり
山羊座の学びへ
私達のここからは
そんな循環を創り出すのです。
あなたは何を祈り
何を力として育みますか?
そんな事を
今晩、柚子風呂にはいりながら
かんじてみてください。
太陽の輝きを浴び
温泉で身体を浄化した私は
とっても クリアーな感じです。
今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございます。
感謝♡一粒万倍
お料理びと   nakamIe

感謝と祈りを形にするとき

昔の人は12月8日 大雪の頃を迎えると

山だけでなく平野にも雪が積もり始めるので

農作業をお休みとして

お正月の準備を始めました。

「こと納め ことはじめ」

12月はお正月の準備を始める頃です。

お正月は

年神様を家にお迎えして

今年、1年の感謝の気持ちを伝えること

と同時に

来年、1年間が無事に過ごせますようにと

お願いをするそんなお祭りです。

神様に家にきていただくために

大掃除をしたり

神様をお迎えする準備をしました。

今では何でも買って用意をしてしまいますが

昔は、お飾りもお餅も

村の人や地域の人が集まって

自分達で作って用意をしたものです。

お節料理は

神様をお迎えするためのお料理で

その年、自分たちが作ったり

収穫したものの中から

神様に食べてもらいたいものを

お料理した御供えのお料理です。

そのお料理を

神様と一緒に食べるのが

元旦のお食事になるのです。

そのときに使う御箸が

祝い箸と言って

両方が食べれるようになっている

お箸を使います。

丸餅は神様の御霊を表現し

お雑煮でいただくことで

神様が自分達の中に宿ると言った意味を持っています。

鏡餅を床の間に飾るのは

神様の魂を飾って

家を守ってもらうと言った風習です。

お年玉はそもそも

神様の御霊を分ける意味で

丸餅を子供達に配ったのが

始まりと言われています。

お正月とは

そもそもは1年かん無事に過ごせた事を

神様して感謝と祈りを

伝えるそんなお祭りなのです。

豪華なご馳走を食べるのが

おせち料理ではなく

自然の恵みを神様と一緒にいただき

今年も元気に過ごせるようにと

祈るためのお料理なのです。

江戸時代に入ってから

言葉あそびが重なって

縁起をかつぐものもお重箱に

詰めるようになりました。

お重箱が四角いのは

隅々まで幸せが行き渡るように

という意味があり

地方によっては

4段目を空っぽにして

そこに幸せがつまりますように

と祈るそうです。

私はそんな考え方が

大好きです。

お節料理にはいろんな意味が

込められていること

そんな意味が伝えられなくなっていくと

お節料理を作らなくてもよくなるし

女の人が少しでも休めるようにという

意味だけが伝わったら

お節料理は使わなくても

買えばいいことになってしまうのです。

時代に合わせて

形は変化してもいいし

自分達の暮らしの中に

取り入れやすい方法を選択してもらえば

いい事だけど

そもそもの意味は

やっぱり知っておいてほしいと

そう思うのです。

日本人は自然の恵みをとても大切にし

食べるものは

自分達の力となり自分達を

守ってくれるものと受けとめてきました。

力は今で言うところの「エネルギー」

命をいただく事で

私たちは生かされている

と思い

命をいただくことに

感謝して暮らす。

そのことが

きっと人を豊かにするし

未来の地球を

今よりもっと平和に

そして豊かに輝かすと思います。

ご飯を食べる時の

「いただきます」の挨拶も

「ごちそうさま」の挨拶も

命をいただくことを感謝する

表現なのです。

そもそも

食べるということは

生きることや感謝を表すことにつながって

いるのです。

毎日そう思えなかったとしても

節目節目にその事を忘れないように

昔の人はお祭りや儀式として

その意味を繋いできてくれていると

思うのです。

感謝ができる暮らしは

人を豊かに育むと思っています。

日本人が大切にしてきたことの

その意味を

これからも伝えたいなと

思っています。

私たちのお教室では毎年

30日、31日の二日間

今年1年お世話になった食材を使って

お節料理を作ります。

毎年みんなと作るお節料理は

感謝と祈りを形にする時間として

キラキラと輝いています。

そしてそうやって作ったお節料理は

本当に美味しく出来上がるのです。

今年もそうやって

お節料理を作るのが楽しみです。

皆さんも

ぜひ、そんな風に思って

何か一つお料理を作ってみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

感謝♡一粒万倍

お料理びと nkkamIe

お知らせ♡♡♡

 世界一美味しい
玄米ごはんの炊き方講座

12月24日に開催します。

 http://onnmusubi.shop/?pid=122220660

 あなたが愛されていると思える
お料理がここにあります。

nanadecor KITCHEN

https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/411328/page_201604092142

フードレメディーベーシック講座

1月の講座の日程が決まりました。

1月24日(水)25日(木)

豊かにくらすために知っておいたら絶対にお得な 基本とそもそもが学べます。

詳細はこちら

 https://miesrecipe0962.amebaownd.com/pages/1055664/page_201706100816