1月17日を迎えて思うこと

1月17日 阪神淡路大震災から23年。

もうすぐ四半世紀になるんですね。

 

23年前、その時私は神戸の近くの

豊中というところに住んでいて・・

 

あの日はゴジラみたいな怪獣が

家を襲ったかのような音と振動で目が覚めました。

 

寝ていた部屋のタンスの上に置いていた洋服箱が

カラダの上に落ちてきて

隣の部屋からは食器がガシャんガシャんと

落ちる音。

その音が怖かったことを今でもはっきりと

覚えています。

 

実は前日に神戸の街・三ノ宮に遊びに行っていて

その翌朝の出来事でした。

 

神戸に住む叔母を助けに行くときには

電車が止まっていて

振替のバスを待ちながら

線路の上を歩きながら三ノ宮まで行きました。

 

昨日までの景色と全く違っていた

神戸の街に愕然として

いったい何が起こったのだろうと

頭が理解するまでに時間がかかったことを

覚えています。

 

その時に、人の力のすごさ・・・

を再確認したり

大切なものは何なのかを見直すきっかけが

始まったように思います。

そして、この年の夏に私はマクロビオティックに

出会うわけです。

 

辿っていくと必然というか

偶然というか

いろんな人との出会いの繰り返しの中で

マクロビオティックと出会うわけです。

 

私をこの道に運んでくれた人は

阪神淡路大震災の時、叔母さんの家が倒壊して

その後始末をしてた時・・・

 

なんと畳の下から叔父さんが貯めていたお金が

1000万出てきたそうです。

 

「私ももう歳だしこのお金はあんたに預けるから

あんたがやりたいことに使いなさい。」

そういってお金を渡されたそうです。

 

そのお金を資本に新大阪に玄米の巻き寿司の専門店を

オープンさせていました。

そのお店を紹介されて玄米の巻き寿司を食べにいったのが

私が久司道夫先生の名前を知るきっかけになるわけです。

 

「女性がキラキラ輝く職場」(今書くとかなり軽い言葉ですが・・)

を追求し始めてた私に

その店の亭主が1冊の本を私に渡して言ったのです。

 

「君の悩みは食べ物を変えたら解決するよ。

ま、僕のいうことなんか信用できないだろうから

この本を読めばいい・・」

 

そう言って渡されたのが

久司道夫先生の

「マクロビオティック健康法」という一冊の本だったわけです。

 

その本は今でも私のバイブルであり

今でも何かあればページをめくる本です。

 

そして、、、それから23年

マクロビオティックという学びを

私たちに残してくださった

桜沢如一先生からの教えや

久司道夫先生からの学びを

自分の人生を通して体感し学んできました。

 

私の体感地で言えば

マクロビオティックが伝えてくれていることは

今、いろんなところで言われている

ビジネス的に言えば

「成功の法則」だし

ココロ的に言えば

「引き寄せの法則」だし

スピリチュアル系でいうと

「自分らしく生きる生き方」

なんですよね。

 

時代の変化と進化の中で

マクロビオティックは

健康法としてずっと親しまれてきました。

 

病気を治すための食べ方とか

ダイエットするための食べ方とかね。

 

私もそんな切り口でお伝えしてきていました。

 

ちょっと話がそれますが

手習いしているお煎道のお家元が

「伝統と伝承は違う。」とお話ししてくださったことがあり

 

「伝統とは真理を変えずに時代に合わせて

変化させ進化させて継続させていくこと」

それに対して伝承は

「同じことをずっと伝え続けること」と

教えてくださったことがありました。

 

マクロビオティックの学びの中にも

桜沢如一先生は

「全ては変化し進化する」と自然の摂理を

教えてくれています。

 

人のニーズや

環境のニーズで

私たちの学び方や

目指すものは進化し変化していくのだと

 

それでも真理が変わらないものが

伝統なんだんと認識しています。

 

2015年に私が宙の学びをさせてもらっている

ルミナさんからは

「伝統をなくした国民は尊厳を失う」という

内容のメッセージを受け取りました。

 

これからの変化が多い時代に

一人一人が自分らしく生きるために

必要なことは

「そもそもを知ること。」

「伝統を受け継ぐこと」

このことがとても大切なんだと感じています。

 

変化し進化するために

失わないこと

 

私たちが今生かされているからこそ

体感しできることは何なのか・・・

 

そのことをマクロビオティックはずっと

教えてくれていると思うのです。

 

「自分の人生の責任をとる」

これがマクロビオティックから学ぶこと

「自分の人生の責任を取る」ことが

自由に生きることであり

自分らしく生きることであるのです。

 

そしてマクロビオティックが素晴らしいことは

その実践方法をとても具体的に

学べるということです。

 

自然界の摂理を

どの家にもあるお台所という場所で

体験できるということ

 

お鍋の中に宇宙を体感できるという術を

学ぶことができることです。

 

1995年から2019年まで

24年に年月を重ねて

人生を思いっきり生きたことでわかったこと。

 

それは私たちはとても素晴らしい

存在であるということ。

そしてその存在の全ては

自分を生きるための術を身につけている

ということです。

 

もう誰かの通りに生きるのではなく

自分の人生を楽しむために

知っておいて欲しいこと

 

それは私たちは地球の一部であり

宇宙の一部であるということ

 

そのことを忘れないために

宇宙の摂理を学ぶんだとそう思うのです。

 

阪神淡路大震災の日をきっかけに

マクロビオティックの学びを体感した私にとって

今日は人生の大きな転換日なのです。

 

人生の中で

誰もがその人にとっての転換日となる日が

ありますよね。

 

このブログを読んでくださっている人が

マクロビオティックと出会って

これからの人生がより豊かになること

そしてそれが地球の未来につながることを

願っています。

 

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

 

お料理びと nakamIe

感謝♡一粒万倍

 

お知らせ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

MAIL MAGAZINE
MAIL MAGAZINE「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm

 

フードレメディーベーシック講座

自分の人生を豊かにする食べ方
自然界の摂理を生かしてエネルギーを作り出す
錬金術の基本の考え方と基本のお料理をお伝えします。

いつでも好きな時間に学べる
動画版の講座が始まりました。
詳細はこちら
http://onnmusubi.shop/?pid=138022663

リアル講座
3月は
17日 31日の二日間です。
詳細はこちらをご覧ください。
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876

 

●今年も毎月地道に星座別満月のお塩つくってます!

100年先まで残したいシリーズ 満月のお塩

http://onnmusubi.shop/

 

お料理びと naka mIe
フードレメディ講座主宰
自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術すをお伝えしています

トップページ


あなたが愛されていると思えるお料理が ここにはあります。
nanadecor KITCHEN
渋谷区神宮前4の22の11

nanadecor

 

 

 

関連記事