手作り和菓子でココロとカラダを快適に

皆さま、こんにちは!
フードレメディストのEmikoです。

今年は早々と梅雨が明け、
蒸し暑い日が続いていますが
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

季節は夏至を過ぎ、小暑を迎え、
これからますます暑さが増してくる
季節です。

暑い日が続くと、どうしても冷たい飲み物や食べ物を取り入れたくなりますよね。

ですが、冷たいものを取り入れすぎると、
カラダが逆に冷えきり、カラダの巡りが悪くなってきます。

そうなると、夏にたまりやすい熱を上手く
発散することができなくなってしまいます。いわゆる、熱中症や夏バテといった症状がでてきます。

甘味でいうと、夏はアイスクリームや炭酸飲料の摂取量が増えて来ますよね。

こう言ったものは、冷たい上に
カラダを冷やす成分がたくさん
含まれています。

この時期は、カラダを冷やし過ぎない
食べ物の選択、食べ方がポイントです。

今回、和菓子教室では、
水無月とずんだ餅入りの大福を作りました。

皆さんは、水無月がどのような和菓子かご存知でしょうか?

ここで、簡単に水無月のご紹介をします。

水無月は、和菓子屋さんで6月になると見かけるあずきのお菓子です。

旧暦の6月1日に氷を食べることで、
夏バテを予防するという風習から来ており、
元々室町時代の宮中で行われていた行事から生まれたものです。

この行事で、暑気払いをしていたのですが、当時の庶民の方々は高級品である氷を入手することができませんでした。

その代わりに、氷に似たお菓子を食べることで、夏バテ予防をすることになったのです。
それが水無月の始まりでした。

三角形は氷のかけらや氷の角を表し、
小豆は邪気払いや悪魔祓いという意味で使われています。

また、水無月は夏越の祓えに食べると良いとされています。

夏越の祓えは、一年の半分の穢れを落とす意味があり、一年の真ん中にあたる6月30日に行う行事です。

蒸し暑くなる7月を前に、厄払いをし、
夏バテを予防する意味でも6月30日に
水無月を食べるようになったそうです。

邪気を夏越の祓いで、きれいに取り除き、後半の半年間を無事に健康に過ごすことができるよう祈祷する行事は、
京都の一般家庭ではなじみのあるものです。

それでは、今回の和菓子教室の様子を写真と共にご紹介していきます!

葛粉を溶かしています。少しずつ水を加えてダマを作らないことがポイントです。

加熱して練った状態です。透明感のある生地になっています。

小豆を丁寧に載せていきます

あとは、蒸し器で蒸すだけです

蒸した後、断面がとても綺麗です!


こちらは、ずんだ餅を作っています
力を入れすぎず、丁寧に押し潰していきます

ずんだ餅の大福です

完成した、水無月です
とっても素敵にできました!

世の中には、たくさんの食べ物で溢れていて、欲しいと思えば、
お店に行ったりネットでもすぐに手に入れることができますよね。

市販のお菓子は、多量のお砂糖や人工甘味料、様々な添加物が使用されているものが多いです。

長く日持ちさせようとすればするほど、
そのようなものが多く使用されています。

シンプルな材料で作られていたとしても、
保存を効かせるために、たくさんお砂糖が使われていたりもします。

通常、白砂糖を使った
甘いものを食べすぎると、
急激に血糖値が上がり、
それに伴いガクンと血糖値が下がるので、
低血糖になりやすくなります。

そのような反応があると、イライラしたり、元気がでなかったり、怒りっぽくなったりと様々な症状がでてきます。また、カラダを冷やし過ぎてしまうという性質もあります。

和菓子教室では、ビート甜菜糖という、
サトウダイコンから作られる
お砂糖を使用しています。

甜菜糖は血糖値をゆるやかに
上昇、下降させるため、
そのような症状は出にくいです。
甘いものがやめられない!という方は、
手作りの和菓子が是非オススメです。

少しずつでも、市販のお菓子をやめていくようにすると、気分の浮き沈みが少なくなり、ココロとカラダの快適さを取り戻すことができます。

手作りであれば、何を使っているのか分かりますし、食べた後はとても心地良い感覚が続きます。買ってきたものと比べると、
作っている人の気持ちが、たくさんこもっているので、食べると、なんだか温かい気持ちにもなります。

また、その和菓子の由来を知る機会にもなり、改めて、健康でいることの大切さ、
ありがたみを実感することができます。

自分で作るとなると、難しそう、
上手くできるか不安と、思いがちですが、
和菓子教室で作る季節の和菓子は
本当にシンプルな材料で
作り方も簡単です!

実際にやってみると、こんなに簡単にできるんだ!と驚くことが多いですょ。

慣れてくると、自分で形をアレンジしたり、盛り付けを工夫したり、
やってみると楽しい!
と思うことがたくさんあります。

お教室では、毎回、求肥も1人一台作ります。
回を重ねるごとにコツが分かってきて、
確実に自分のものになっていきますょ。

少しでも、参加してみたいなと思った方は、是非一度いらしてみて下さいね。

次回の和菓子教室は、7月25日(水)18:30〜
雪見大福とところてんを作ります♡
詳細、お申込みはこちら→http://onnmusubi.shop/?pid=123792869

スタッフ一同お待ちしております。

♡アンドマクロビからお知らせ♡

★「フードレメディーベーシック講座」
大好評のマクロビオティックの基本を学ぶクラス。7月も週末2日間連続開催です。

7/14(土)・7/15(日) 両日13:00〜17:00

あなた自身が自分らしく輝くために取り入てほしい、これだけは知っておきたいマクロビの基本を2日間で凝縮してお伝えします。

詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=119846876

★「伝えたい和食の基本~お家で作る季節の和食~」(単発レッスン参加可)

旬を生かした家庭でのお料理の基礎をマクロビオティックの観点を取り入れながらお伝えするクラスが始まります。
1年間を通して一緒に日本の家庭料理を学んでいきましょう。

次回は、7/18(水)18:30〜

詳細・お申込みはこちら→
http://onnmusubi.shop/?pid=130992729

★「世界一美味しい玄米ご飯の炊き方と季節のお結びとお話し会」
nanadecor KITCHENで食べられる玄米ご飯を
アンドマクロビ主宰naka mIe 直伝で学べます。毎回お話し会も大好評です。

☆8月4日

詳細・お申込みはこちら→
http://shop.nanadecor.com/?pid=130393237

★お料理びと naka mIeのMail magazine
「台所から奇跡を起こす7日間無料レッスン」

自然の恵みと大地のエネルギーとともに生きる
日本人古来からの知恵を今につなぎ、
美しく健やかに暮らせる術をお伝えしています。

メルマガのご登録は、こちらから→
https://39auto.biz/nakamie/touroku/entryform1.htm

★nanadecor KITCHEN
美味しい玄米ごはんと月のリズムに合わせたフードレメディーランチをご提供しています。
食べるとココロとカラダが整いますよ、ぜひ体験しにいらしてくださいね。

15時以降のcafe timeにも玄米お結びプレートやお弁当などの軽食もご用意しています。

営業時間:水~日曜日 12:00 P.M~7:00P.M
定休日:月・火曜日

メニューやご予約など詳細はこちら→
http://nanadecor.com/topics/1006/

皆さまのお申込み・お越しをスタッフ一同をお待ちしています!

関連記事