ハッピーハロウイン  

おはようございます。
今日は10月31日 ハロウインのお祭りで

街が賑わう日ですね。

日本には1990年代にやって来た

新しいお祭り・・・。

仮装して若者たちが楽しむそんなイメージですね。

お祭りとはそもそも

「天地のエネルギーをつなげるもの」と教えていただいた

ことがあります。

天地のエネルギーをつなぐ

天地のエネルギーの境がなくなる

そんな日は、その意味がわかっていなくても

人は喜んで楽しい気持ちになるのかもしれませんね。

 

だから・・・・

意味がわからなくても人はそのエネルギーの

影響を受けてお祭りを楽しめるのだなと思います。

 

そもそもハロウインとはどんなお祭りなのか・・・

を知ってみませんか?

 

そもそもハロウインは古代ケルト人のお祭りでした。

古代ケルト人の1年は10月31日で終わりました。

彼らはこの日を夏の終わり、

そして冬の始まりの日として1年の区切りにしていました。

10月31から11月1日に変わる夜中に

「この世」と「あの世」の境目がなくなると信じられていたのです。

その時にご先祖様が戻って来て一緒に過ごすために

魔除けや、道標のために火を灯すために

カブを切ってラタンを作ったそうです。

 

そのお祭りが、時代を経て形が変わって来たそうです。

お祭りの象徴がかぼちゃになったのは

アメリカにこのお祭りが渡った時だそうです。

 

さて、ケルト人にとっては

その日は天と地が繋がる日でもあり収穫の収穫祭でもありました。

 

人が自然の恵みを受け取ることを感謝し、

その大いなる循環の一部であることを感謝する日でもあります。

 

どこの民族にも、収穫を感謝するお祭りがありますね。

秋は収穫の時であり、世界中で収穫祭が行われています。

 

私たちは大地からの恵みをいただくことで

この肉体を持って生きることができます。

私たちは天からのパワーを体感することで

自分の人生と天界を結ぶことができます。

 

そのことは国が変わっても

時代が変わっても変わらない真理なのです。

 

ハロウインのお祭りを

ただの楽しいパーティーとしてこの先

伝えていくのではなく・・・

私たちが生かされている意味を

体感できる1日になるといいなと・・・

そんなことを思う朝です。

 

皆様にとって

今日が素敵な1日になりますように。

 

マウイ島のハロウインのお写真

シェアしますね。

 

 

今日の最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

 

お料理びと  nakamIe

 

関連記事